鹿児島県の奄美大島へ夫婦で旅行に行ってきました!やっぱり、奄美大島といえば大自然ですよね。マングローブの林をカヌーで見学したり、原生林をトレッキングしたり。

そして、珍しい動物に会えるのも奄美大島の大きな魅力なんです(^^)

奥さんのリクエストで、奄美大島3日目の夜にガイドさん付きのナイトツアーに参加してきました!ツアーは奄美ネイチャーセンターに申し込んでお願いしました。エコツーリズムを実践するNPO奄美野鳥の会の有志によって設立された会社で、生態系の調査なども行っているみたい。

料金はナイトウォッチングの3時間コースで1人6,000円。奄美ネイチャーセンターの事務所に集合し、ここからツアー用の自動車に乗り換えて案内してもらいます。



天気が心配だったのですが、ナイトツアーは特に台風などの荒天ではさすがに中止するものの、雨が降ったくらいでは動物たちは活動をやめないので、天候に関係なくナイトツアーは実施しているとのこと。

なお、奄美大島にはハブがいるので、ナイトツアーは自動車から降りずに探索します。

事務所から30〜40分ほど車で移動すると、そこがナイトツアーのスポット。しっかり舗装された道路ですが、両サイドは森のように大きな木が広がります。

すると、キレイな色をした「ルリカケス」が電線にいました!世界で奄美大島と徳之島にしか生息していない鳥で、国の天然記念物。

photo-77


どうやらルリカケスは電線が好きなようで、このあとも何度もルリカケスに遭遇。昼間は1匹も出会えなかったのに、ナイトツアーでは大量でした。

ガイドさんは常に左手でハンドルを操作し、時速10kmにも満たない速度でゆっくり車を進ませます。右手に握った高輝度ライトで草むらや木の枝、電線などをくまなく照らし、動物を探す。

そして、なにかが車の目の前に飛び出してきた!!

危うく轢きそうになったけど、ブレーキが間に合って良かった〜。少しバックして見てみると、それはまさしく一番会いたかった「アマミノクロウサギ」!!



アマミノクロウサギは絶滅危惧種で、国の天然記念物に指定されている動物です。耳が小さくて、茶色の丸っこい体。ぴょんぴょんと跳ねて動きます。か、かわいい!



すぐにその場を離れて逃げてしまったけど、ついに会えました。

複数のアマミノクロウサギが一気に登場することはなかったけど、その後も1匹ずつ何匹ものアマミノクロウサギに会えました!たぶん、10匹以上は出てきたんじゃないかな。



ガイドさんに尋ねてみると、アマミノクロウサギがまったく見られないことはなくて普段から必ず見られるそうです。でも今回のように10匹以上も出てくるケースは上々な方なんだとか!



またアマミノクロウサギが出てきたよ〜、と思ったら、今度はイノシシだった!!リュウキュウイノシシの子どもで、とくに家族ではおらず、単体で道路脇の草を食べてた。



ぜんぜん人間に警戒せず、のんびりその場にいたので撮影もしやすかったです。

さらにレアな「ケナガネズミ」にも遭遇!国の天然記念物に指定されています。



なかなか見ることはできないそうなんだけど、電柱にいるところをガイドさんが発見。よく見つけたな。。。ケナガネズミのサイズはかなりデカイ。しっぽが長いのが特徴。



舗装された道路だけでなく、砂利道や凸凹の悪路も通ったのでけっこう揺れた。車酔いする人には辛いかな(^_^;) ちなみに、ナイトツアーは19時30分から始まって22時30分に終了。さすがに夜遅くはお店がやってないので、夕飯はコンビニで買ってホテルに帰ってから食べました。

たくさんの動物たちに出会うことができて大満足!

3分ほどの動画もぜひご覧ください\(^o^)/



奄美ネイチャーセンターは前日に電話申し込みすればOK。もちろん、Webからの予約もできます。今回のツアーは“ナイトウォッチング3時間コース”です。