th_2018-06-27_0154

ブログを始めて10年ちょっとが経過しましたが、立ち上げた当初はまさかこんなにもブログに可能性があるなんて思ってもみなかったし、今振り返ってみて改めて感じているのはブログとは個人とも企業とも多くの出会いを作ってくれるツールだということ。

ブログは自由な場ですから、“勝手に”自分の好きなことや好きなものを書きまくれます。愛を叫び、叫び続けていると、必ずその答えが返ってくるものです。なので、お問い合わせ欄は絶対に作っておこうネ!という啓蒙をしつつ、今の時代には「アンバサダー」という仕組みがあることを併せて知っておくと良いよというお話をしたいと思います。



アンバサダーって何?


アンバサダーとはある製品やサービス、あるいは企業そのもののファン、応援団的なものを指します。一般人です。そして、そのアンバサダーを活用して製品・サービスの知名度を広め、ファンをもっと増やしたい、という企業の活動をアンバサダー・マーケティングといいます。(AMNさんこれであってますよね?)

ぶっちゃけ、アンバサダーは自分で言ったもん勝ちなところがあって、「俺、Appleのアンバサダーなんだぁ!」と言えば、アンバサダーです。ただ、あくまでも自称に過ぎないので、自分はApple好きだけど内気だから表立って言えない、って人もいるでしょう。

そこでありがたいのが企業が実施しているアンバサダー・プログラムです。企業自らがアンバサダーを募集していて、これに応募して認定されればもうあなたはその企業のアンバサダー。胸を張って堂々とファン活動をしちゃいましょう!




ただのブロガーがCP+で一般客の前で話せた


アンバサダーのメリットはそんな認定証のような仕組みだけではありません。アンバサダーになることで、新製品発表会やイベントへの招待、製品の貸し出し(モニター)などさまざまな特典があります。これほどレアな体験は格好の記事ネタとなり、ブログをやっている人間にとってめちゃくちゃ嬉しい!

そして、パシフィコ横浜で開催されたカメラと写真の祭典「CP+ 2018」という大きな舞台において、アンバサダーだからこそ実現できたことがありました。

僕は液晶ディスプレイやプロジェクターを手がけている「BenQ(ベンキュー)」のアンバサダーです。その僕がCP+の会場を訪れた一般のみなさんに向けて、大好きなBenQのディスプレイをプレゼンで紹介するという大役を任されました。2日間登壇してプレゼンしましたよ。

これには正直、不安がいっぱいだったのですが、ただのブロガーがこうしてメーカー側に立って来場者へ話すという機会は今までなかったし、超貴重で良い経験をさせていただきました。しかも、2018年のCP+は来場者数が6万8111人と過去最高となったそうで、すごい場に立たせていただいたんだなと。BenQさんやAMNさんには感謝しかありません。



これぞまさに「製品が好き」→「アンバサダー」→「他人に好きを伝える」を形にできた例です。もちろん、普段の伝える部分はブログやSNSでやっているのがそれにあたるのですが、アンバサダーってすごい仕組みだと思います。




自分の記事がメーカーさんに褒められた


でね、アンバサダーになると企業とブロガーの距離が一気に縮むのもメリット。一方的にブログで書いているだけだったけど、レスポンスを受けやすくなります。

ちょっと前に、アンバサダーを対象にした製品のモニター企画で、しばらく製品を試してみて使った様子をブログ記事にするというものがありました。

嬉しかったのが僕の書いた記事を見たメーカーさんから直々に褒められたこと。確かこのとき同じ企画を10人くらいやってた中で、一番良かった、と言っていただいたんですね。

一番と言われたのは当然嬉しいんですが、それ以上にこうやってメーカーさんから評価してもらえるのって実は当たり前のことではないし、素晴らしいな〜と思って。リアクションがあると次もまた頑張ろうと思うわけです。アンバサダーとしてもブロガーとしても自信がつきました!



モチベーションを上げてくれる仕組み


そう、これを最も言いたかったんだけど、僕にとってアンバサダーとは“モチベーションを上げてくれる仕組み”です。

好きなものを好きと言い、レアな体験をさせてもらえて、さらには企業から褒めてもらえる。同じ好きでつながるファンの仲間が増えて、今後規模が大きくなればもっと面白いことができるかも。といったワクワク感があります。

製品・サービスを軸にコミュニケーションの輪が拡がる感覚ってすごい快感です。お酒飲んでいてふとした瞬間に、お前アレ好きなの?俺も俺も!アレほんと良いよな〜!みたいなやつ。その飲み会は間違いなく面白い。

より好きになり、またブログに書きたくなる。SNSでその製品の話題を見かけるといいね!しちゃいますもん。自分の応援してる製品を誰かが買ったのを見かけたとき、おめでとう!と言いたくなるくらい嬉しいんです。



そして、アンバサダー同士が語り合ってきた!


そんなアンバサダーについて語ろう!という飲み会?イベント?が先日開催されまして行ってきました。

きっかけはTiMEZのこの記事。



そして、日曜アーティストの工房のTOMAKIさんが会を開催してくれたというわけ。



めっちゃ面白かったなぁ!どこまで公表していいのかわからないくらい凄い話になって、結局、2次会も行って0時すぎまで飲んでた(笑)アンバサダートークは尽きないってことがわかったのも良い収穫です!

こういう会のときっておかしいくらい写真を撮ってなくて、記事に使える写真を1枚も撮ってないのがつらい。。。そのくらい話しまくってた!

まとまらなくなってきたけど、とにかく“好き”という気持ちはどんどん発信していくと良いゾってこと!