asuka5

はい、「iPhone 6」はおあずけ〜!!

Appleが日本時間2014年6月3日に開発者向けイベント「WWDC 2014」を開催。事前に、「iPhone 6」が発表されるとか新Macが発表されるなんていう噂があったけど、僕は「ちょwww 100%それはね〜よ!」と思っていたので安心して見ていられました(笑)。実際に、何らかの端末が発表されることはありませんでしたよ。

で、何が発表されたのかというと、キーワードは「OS X Yosemite」「iOS 8」「Swift」。それではこれらをシンプルに解説したいと思います!

th_2014-06-03_0420



「OS X Yosemite」


Macの最新OS「OS X Yosemite(ヨセミテ)」はこの秋に一般リリースされ、無料。

Safari上で写真の加工が可能な「マークアップ」機能を搭載。これはいいな〜と思いました。プレビューを使わずに、ブラウザ上で写真の一部分を拡大したり、線を引いたり、文字も入れられる!

Mac・iPhone・iPad間での「Air Drop」が使えるようになりました。ついにですよ!簡単にファイルの送受信ができるんです!

iPhoneとMacが近くにあるときに便利なのが「ハンドオフ」。例えば、iPhoneで途中までメールを書いていたとします。iPhoneを持ってそのまま自分のMacに近づくと作成中のメールがMacに表示され、その続きをMacで作成できる。何気に、地味だけど使ってみたら便利かもしれない機能ですね。

th_2014-06-03_0241

 → Appleが『OS X Yosemite(ヨセミテ)』を発表!Mac OSはどんだけ機能が進化するのか! [WWDC 2014]



「iOS 8」


iPhone・iPad用の新しいOS「iOS 8」。2014年秋に無料でリリースされます。おそらく、「iPhone 6(仮)」と同時期でしょう。

メールやSNSが来て通知センターに通知があったときに、その通知から直接返信ができます

「Spotlight」からアプリの検索も可能になり、より強力な検索機能が追加されました。

「QuickType」がすごい!超高性能な予測変換機能のことなんですが、文脈から次に打つであろう文字を予測し、入力候補として挙げてくれる。しかも、ユーザーに合わせて学習するんだとか!

健康管理アプリ「Health」「Healthkit」も搭載され、NIKEなどのサードパーティとの連携で、運動や健康状態をiPhone・iPadで記録。医療機関とのやり取りも簡単になりそうです。

家族間の情報共有が簡単になる「FamilySharing」も発表されました。カレンダーや写真、家族間のリマインダーなど。iTunesの音楽や映画、本などを家族で共有するための機能です。

その他、写真の検索強化グループメッセージも。

th_2014-06-03_0316

 → Appleが『iOS 8』を発表!文字入力が超速くなる「QuickType」がすごい! [WWDC 2014]



「Swift」や開発環境について


AppleがこれまでXcodeで採用してきたObjective-Cに取って代わる新しいプログラミング言語「Swift」を開発しました。

これまでよりも高速に動作し、短いプログラムで簡単にアプリが開発できるようになります。

AppStoreではアプリのテスターを募集できる「Testflight」機能を導入します。

開発用SDKについては、アプリに拡張性を持たせ、他のアプリと通信を行うことが可能。例を挙げると、Safariと翻訳アプリを連携させるなんてことができますよ。

「Metal」で3DCGのパワーを向上。OpenGLから置き換えて、これまでの約10倍の高速化が実現できる。より高画質のゲーム開発が可能に。

th_2014-06-03_0342

 → iOSアプリがより簡単に開発できる新プログラム「Swift」が新Xcodeに採用 [WWDC 2014]



@asuka_xpの感想


「WWDC 2014」の発表では「iOS 8」の文字入力についてが一番良かったです。特に「QuickType」によって文章を打つのがより楽チンになるといいなぁ。
あと、何気にサードパーティ製のキーボードも選べるようになるそうなので、ATOKがiPhoneで使えたらすげぇ嬉しいです!

とにかく、一般ユーザーが使えるようになるのは秋なので、それまでもう少し待ちましょうね。