IMG_0840_3

ついに国内で販売となったAppleのiPad。買われたみなさんはもう楽しんでるころでしょうか。
バッテリーのもちが良いので長時間使ってもけっこう平気です。しかし、ついつい使い過ぎると充電したくなりますよね。

ところが、iPhoneやiPodはパソコンのUSBポートにケーブルをつなげば充電できますが、iPadは基本的にパソコンからは充電できません。試しにUSBケーブルをパソコンにつないでみてください。

「充電中ではありません」

とiPadに表示されるはずです。

厳密にいうと、比較的新しいMacならUSBから供給される電力量が多いので充電できます。しかし、Windowsなど他のパソコンではUSBからの電力供給が足りず、iPadを充電することができないのです。
ですので、iPadには高出力充電ケーブルが付属していて、それを電源コンセントに差して充電するようになっているのです。


要するに、出力の低いUSB端子では充電できないということ。
(極わずかに充電できていますが)


充電できるようにするには、高出力のUSBアダプターを使うようにしましょう!



今ではいろいろな周辺機器が登場していまして、電力を高出力できるUSBアダプターなんかがお勧めです。



2000mAと安定した高出力の電力供給が可能で、USBを2ポート搭載しているので複数台のガジェットを充電できます。



また、以下のように出力が1.5Aの高性能モバイルバッテリーも販売されいます。

Panasonic 無接点対応 USBモバイル電源 5,400mAh 白 QE-PL202-W
パナソニック (2012-05-28)
売り上げランキング: 329




あとは、パソコンに接続して「充電中ではありません」と表示されても、iPadの電源ボタンを1回押してスリープモード(画面が消えてる状態)にすれば、微妙に充電できるようです。しかし、この場合は電源からの充電と比べて長い時間がかかってしまいますのでご注意を。
発売されたばかりのiPad。快適なアイテムを集めて仲良く使っていきたいですね〜!

■【iPadまとめ】もどうぞ!