2012年2月11日、なんと、Amazonの電子書籍端末「Kindle(キンドル)」の日本版では、NTTドコモ回線に対応していることが日経新聞によって報じられました!

2012-02-11_0214
インターネット通販で世界最大手の米アマゾン・ドット・コムは4月にも電子書籍端末「キンドル」を日本で発売する。NTTドコモから回線を調達し、携帯回線でネット上の電子書籍を入手できるようにする。価格を1万数千円に抑え、電子書籍サービスの顧客獲得につなげる。

 ドコモ回線のほか、一般の無線LANも選べる。ドコモ回線の使用料は電子書籍の購入代金に含まれ消費者に通信料金はかからない。
とのことです!

つまり、月額基本料金はゼロ円で、電子書籍を購入するときに1冊あたりいくら、みたいな感じで通信料が取られるということなんでしょうね。ユーザーの目にはわからない感じで、例えば、1冊300円の電子書籍の中に通信料50円が含まれている、みたいな価格設定になるのだと思います。

しかも、Kindle本体の価格が1万数千円ってことは、2年間契約で実質無料ってこともありえますね。

先日、女子大生がドコモ回線について不満を漏らしていましたが、そのあたりはちょっと心配です。。。


このKindle日本版は4月に発売されると報じられていますが、Appleの『iPad 3』の発売時期と重なりそうな気がしますね。果たしてどのような販売競争が繰り広げられるのでしょうか!!Kindleの動向にも注目しつつ、個人的には『iPad 3』の発売が楽しみです!!

「ドコモのメリットなくない?」女子大生の不信感がすごい。
Kindle、日本へも販売開始!Twitterでの反応まとめ
Amazonの「Kindle2」を触ってみた!その視野角に驚愕!
『iPad2』も!!2012年のApple福袋「Lucky Bag」、まさかの当たりをゲット!総額9万円の中身を公開!