20121107213330

こんにちは!ブログ生活をスタートさせてもう少しで3ヵ月になる@asuka_xpです。


2012年11月7日、「第2回 東京ブロガーミートアップ(#TBMU)」に参加してきました!
場所は前回同様に渋谷駅からすぐの無料セミナー開場「gooya CREATER’S HUB」。


前回の第1回のときは自分のブログを使って自己紹介しながら、聞いてる側はそのブログの特徴からヒントをワシづかみにする的な内容でしたが、さてさて今回はどんな内容になったのでしょうか!

 → 第1回「東京ブロガーミートアップ」が開催!他のブロガーの話ってやっぱり面白い!


第2回となった「東京ブロガーミートアップ」のテーマは『マネタイズ』
つまり、収益化です。


20121107213317

収益化は悪か?


ブログで金稼ぎ!?このクソ野郎が!
って思ってる人は、自分の仕事はどうやってお金を得ているのか思い返してから、改めてブログでお金を得るということについて考えてほしいです。

サラリーマンだって、デザイナーだって、野球選手だって、何かの価値を生み出してお金をいただいているわけで、それはブログ運営もサイト運営も同じはず。
そして、お金、大事ですよね。

そういえば、日本ではお金や投資の話って避けられる傾向にありますが、どうしてなんでしょう。。。


ということで、ブログのマネタイズについて盛り上がった今回の東京ブロガーミートアップの内容へ行ってみましょう〜!



が。。。
実は、TBMUのLT用に作った資料が、ちょっとしたトラブルで参加者の方々にお見せすることができませんでした。
なので、ちゃんとしたお話ができず、けっこう焦ってボケたトークをしてしまったな〜と反省。

それに伴い、今回のエントリーでは、TBMU全体のレポートというより「め〜んずスタジオ」の収益化を通じて僕が感じたことをメインにご紹介したいと思います。



「め〜んずスタジオ」のマネタイズ


収益のことを自分のブログに書くのってなかなか皆さんやらないことだと思うのですが、ブロガー界ではタブーっぽい雰囲気?なので。。。こういうのって引かれるんじゃないかと心配な部分もあるけど、書いちゃいます。


僕がこの8月からブログで食べていけるようになったのは広告のおかげです。イケ◯ハヤトさんのように講演とか他の執筆活動とかやっていないので、ほんとブログだけ。
(逆にいうとかなりリスキーではあるのですが。。。w)

ブログが好きで好きで好き過ぎてこの道で生活していこうと決めたので、これでいいんです!

それでもAdSenseとAmazonの合計報酬は、10月にはサラリーマン時代の給料を上回り、11月もそれをさらに上回る感じになっています。


hige9_2 のコピー


さて、昨日のTBMUでは単に広告を貼っただけではなくどういう記事がお金につながりやすいのかとか、広告単価を上げる方法とか、そういう話をしてきました。


め〜んずスタジオの収益源をざっと並べると、クリックで報酬が得られるAdSense、読者が購入してくれることで報酬につながるAmazonがメイン。

そのほか、バリューコマースのソフトバンクオンラインショップの効果も大きいですが、これはiPhoneやiPadの発売時期に効果があるので、サラリーマンでいうボーナスみたいなもの。
また、リンクシェア・ジャパンにはiTunes Storeのアフィリエイトがあり、iPhoneアプリや音楽などをブログで紹介してそこからダウンロードしてもらえたときに報酬が入ってきます。よくiPhone系ブロガーの人が貼ってるリンクはほとんどこれです。

参考になるかわかりませんが、6月にアフィリエイト企業の審査に落ちたときのお話も紹介しておきますね(笑)

 → 20万PVでトラフィックゲートへ提携申請も、審査落ち!アフィリエイト企業の基準と承認率の謎



収益化の基本ともっと深い話


IMG_0650

単純にPVが多ければ収益化しやすい。
「め〜んずスタジオ」の10月現在のPVについてはこちらをご参照ください


そして、記事を書いてそれに関連する商品のリンクを貼っておくと売れやすい。これは基本中の基本だと思います。

これはブログに限ったことではなく、コンビニの陳列棚だったり、家電量販店だったり、通販サイトだったり、さまざまなところで似たような手法が見られます。

具体的な例を挙げると、「iPhone 5」や「iPad mini」の記事を書いたときに、関連する某ケーブルの広告を載せておいたら、1週間で330個以上売れました。


ではどんな記事がいいのか?

IMG_0651


深く掘り下げて話したのが以下の内容。
・AdSense狙いなら初心者に読んでもらえそうな記事
携帯電話の複雑な料金プランを簡潔に説明した記事
・Amazonなど広告ありきの記事
激安セールやってます情報など

最新情報にあまり詳しくない人の手助けになるような内容の記事を書くと、広告も情報の1つになる場合が多いです。
広告を価値ある情報と認識してくれるのは、その広告に書かれている情報をまだ知らない人ということになります。そういう人がAdSenseをクリックしてくれるわけです。

また、広告ありきの記事(聞こえは悪いですねw)についてですが、セールの情報って多くの人の役に立つと思います。
誰でも、商品を安く購入したいですよね?
例えば、先日Appleの電源アダプタが半額で売られているのを発見した僕は、そのことすぐに記事にしました。こういった記事はブログ運営者も読者も両方が嬉しい関係になるので僕は好きです。



単価を上げる!一方、少額でもたくさん売れた方がいい!


そして、広告は量か?単価か?って話。

先に単価について。
AdSenseはPVが多ければクリックされる可能性って高くなるわけですけど、もちろん1クリックあたりの単価も重要ですよね。

AdSenseの単価は記事内容によってコントロールできます。
どういうことかというと、まぁ、ここで細かく説明することは割愛します(Googleさんに嫌われるのはイヤなのでw)けど、単価の高いキーワードっていうのがある。
そのキーワードを意識して記事を書けば、ある程度は単価を上げられるんです。
機会がありましたら、Googleの方々にそのあたりのお話を聞くと良いかもしれません。


一方、量はどうなの?
量とは、ページあたりの広告の設置数ではなく、今回は「たくさん売れれば良いのよ!」という話。

その例として僕が話したのはAmazonについてです。
Amazonのアフィリエイトって、当月あたりの売り上げた商品数に応じてアフィリエイト料率が上がります。最初は3.5%だけど、31個以上売れば4%に、101個以上なら4.5%とどんどん上がり、10万個を超えれば8%になります。

IMG_0649


料率は(一部ジャンルの商品を除き)最終的に売り上げたすべての商品に反映されるので、例えば、締め日である月末に料率が5%までに上がっていたとすると、料率が3.5%のときに売れた商品も最終的に5%でカウントされます(月が変わると料率は3.5%にリセットされます)。

あと、基本的にAmazonの報酬は1商品あたり1,000円が上限です。
「え〜、1,000円だったら他のアフィリエイトの方がいいじゃん!」
って声をよく聞くのですが、逆算すると料率が5%で2万円の物が1つ売れた場合に1,000円の上限に達するわけですし、2万円の物がポンポン売れるとは考えにくいです。
まぁ、クレジットカードの契約などのアフェリエイトは1件あたりの単価が高いので、そちらを専門にされている方は別として。

それに、アフィリエイトって1%とか2%のものが多く、Amazonのように料率が3.5%から始まってどんどん上がっていくようなアフィリエイトって他にほとんどありません。

なので、少額でもいいからAmazonはどんどん売れた方が良いわけです。
高額なものはなかなか売れない。でも、少額なものは売りやすいし、たくさん売ることによって料率が上がる。この方法だと料率は6%(月1,001個以上売り上げ)くらいにはいきます。

販売数によって単価が上がるAmazonはものすごく扱いやすい広告です。



クソみたいな物を紹介されて、あなたは買いますか?


ここまでは、記事を書いて広告を貼って、みたいなお話をしました。

しかし、どう考えてもクソな商品をブログで紹介しても仕方がない。結局そんなショボイ物は売れないんです。
また、運営しているブログに合わないような商品を紹介しても、それで買ってくれる人はものすごく少数だと思います(いろいろ実験していますがw)。


なので、僕は自分で本当に面白いと思った物、これは勧めたいと思った物、みんなが喜ぶと思った物、そういうのを中心に取り上げるようにしています。
実際、そういう方が売れるんですね。

つまり、自分がこりゃダメだと思った物の記事を書いても仕方がない、と。
いくら楽天の電子書籍端末「kobo」の報酬が良くても、僕はまったく紹介する気がしませんでした。。。(それでもブロガー周辺ではkoboは売れたようですが、謎w)



収益化の方法はいろいろある!


ここからはTBMU全体のお話へ。

Web APIを利用したアフィリエイトリンクの作成をしているって、これはやっぱりすごいなぁ〜。いちいち広告を貼らずに済むんですから、これはブロガー側の負担がかなり軽減されそうです。

20121107193638


また、別の参加者からは30個くらいのサイト・ブログを運営していて、大儲けしているっていうお話も聞けました。
少ないPVのサイトでも十分に稼げていると。
この方は、中年で情報に疎い層(微妙な表現ですみません)をターゲットにしたサイトを運営していて、その層が抱える問題を解決するような内容の記事を書いています。そのお話を聞き、購入率を上げるような工夫も大事だと感じました。


日本では未発売で、まだ誰も紹介していないような商品をいち早くブログで紹介したらたくさん売れたというお話もあり、興味深かったです!

20121107201948


参加者の中にはセミナーの講師をやったり、Webサイトのデザインを請け負って報酬をもらうとか、ブログをきっかけとしながらもブログの外でお金をいただく方法もあるという声もありました。

20121107202636


メタボな旦那さんがダイエット機器を使用しているところを動画で撮って紹介したところ、そのダイエット機器がめちゃくちゃ売れた例も紹介されていました。

20121107210735


そして、テレビの影響は大きいと思った事例も。まぁ、今はグンッと減ってしまいましたが、某クーポンのこと。
このクーポンに関する情報がテレビで紹介されることを事前に知り、放送直前に5行くらいの記事をブログに書いたところ、アクセスが殺到し、そのクーポンがアフィリエイト経由でたくさん売れたそうです。



まとめ


ブログの広告収入が増えないで悩むのって、営業マンの成績が伸びないのとか、アパレルの販売業績が悪いっていうのと似ています。
原因分析して何度もやり直さなければ成績は良くならないですし、売るための工夫が必要です。

お店に行ったら、従業員が事細かい商品説明や丁寧な接客をしてくれて、それがきっかけで購入を決めたっていう経験もあると思います。
興味のない商品を勧められたり、無理矢理売りつけるような接客をされたのでは、あなたは絶対に買わないですよね?

そう考えると、丁寧でわかりやすい言葉で書くというのは改めて重要だと感じました。また、TBMUの中で、中年層の抱える問題を解決するための記事ですとか、ダイエットのための記事とかってお話がありましたが、読者の興味と一致する記事というのは強いな〜と思います。


逆に、一つ付け加えておくと、読者が興味のないものに興味を持ってもらるようにするテクニックもブロガーには必要なんでしょうね。
ゲームの記事を好きでいつも見てくださっている読者さんがいたとして、ある日「カプコンが好調な決算を発表して株価が上昇!」みたいな記事を書くと、ゲーム好きな人が投資に興味を持ってくれるようになるとか。
そのあたりはボチボチ実験しているところではあるのですが(笑)


広告を貼ると、読者から「あれれ?」と思われることもあるでしょう。でも、それはきっと一時的なもので、長い目で見れば広告よりも記事内容が重視されます。
面白い、速い、役に立つ、などといった読者にとって価値ある情報を書くことで、PVも収益も上がるでしょう。

ブロガーって意外と収益化の方法を知らないんです。
それで一部の知っている人だけが儲けているような感じ。


ここまで掘り下げて情報を交換できるブロガー勉強会って、おそらくTBMU(東京ブロガーミートアップ)だけ


僕が散々レポートしてきたブロガーイベントやWordPress系イベントを思い返してみても、TBMUで得られる情報は本当に充実していますし、自らもLTでアウトプットすることによって発信スキルも身に付くと思います。

2時間という時間はあまりにも短く、場所を移して行った懇親会でもあっという間に終電の時間になってしまうほど話が盛り上がりました!

20121108101644


なんか、最後まとまったのかどうかよくわからない長々としてエントリーになってしまいましたが、マネタイズというけっこう際どいテーマの中、参加者の募集を開始してからすぐに満席となって大人気だった第2回はこれにて終了〜。

第3回のTBMU(東京ブロガーミートアップ)は年末ということで、ちょっとしたLTありの忘年会っぽい内容になりそうです!飲み代は安いといいなぁ〜(笑)


第1回「東京ブロガーミートアップ」が開催!他のブロガーの話ってやっぱり面白い!