20121231131442

ども〜!@asuka_xpです。

2012年12月29日〜31日にかけて「コミックマーケット(コミケ・C83)」が開催。その3日目にあたる12月31日、初めて僕はコミケに行ってきました。

 → コミケ初参加の僕が出店ブースで店番&会場を回ってきた感想( #C83 )


その数日前のことなんですが、なんと、コミケに初めて出展するというマイクロソフトさんのエージェントの方から取材してほしいとのお話が。


ということで、マイクロソフトのブースを直撃!

ブースに行くと、クラウディアさんのコスプレをしたテクノロジーエバンジェリストの戸倉さんと、砂金さんが応対してくださって、いろいろとお話をお伺いしてきました!今回はインタビューというか、実際にお伺いした内容をまとめてお届けしますね。

20121231131003


先ほども言いましたが、マイクロソフトがコミケに出展するのはこの第83回(C83)が初めて。

まず、コミケには同人誌や創作物が出展されている通常のエリアと、企業ブースのあるエリア、コスプレのエリアに分かれています。
コミケのWebカタログって実はマイクロソフトの「Windows Azure」というシステムが使われていまして、それがきっかけで企業ブースに出展したとのこと。

ちなみに、Windows Azureとは
Windows Azure は、マイクロソフトのデータセンターでご提供する PaaS および IaaS で、使い慣れた OS、開発言語、データベース、開発や管理ツールを選択可能な パブリック クラウド アプリケーション プラットフォームです。そのため、開発者はプロジェクトの内容、状況に合わせて、必要なサーバーおよび開発環境を柔軟に、そして迅速に用意することができます。(Windows Azure :開発|MSDN
というもの。マイクロソフトはクラウドを利用したWebサービス向けにさまざまなサービスを提供しています。



初出展のマイクロソフトブース


Webカタログを手掛けたマイクロソフトさんですけど、ブースの規模は意外と小さかったですね(笑)いや、小さくなってしまったのはコミケ運営側のミスとの噂も。。。


ブースには「JINS PC」とオリジナルUSBメモリーなどがセットになったコラボ商品(5,000円)もあったのですが、戸倉さん曰く、人気ですでに完売してしまったとのこと。ん〜、残念すぎる!!

ファンにとっては嬉しいことに、クラウディアさんや窓辺ななみ、Windows8のマスコットキャラ窓辺ゆう・窓辺あいといったキャラクターのコミケ限定紙袋「窓辺家 コミケ83」が用意されていて、ブースで「Kinect for Windowsセット」(2万円)や「コミケ仕様のDSP版Windows 8 Proセット」(1万5000円)といった商品を購入すると、その紙袋に入れて商品を受け取れるようになっていました。

 → カワイイぞ〜!「Windows 8」、応援キャラクター「窓辺ゆう」「窓辺あい」の存在が明らかに!


IMG_8972


また、クラウディアのフィギュアも展示され、カメラで撮っていたファンも少なくなかったです。
このフィギュアは「NTT-X Store」で「Visual Studio 2010 with MSDN」を購入すると貰える特典だそうで、フィギュアそのものを買うことはできませんでした。

しかし、ものすごくクオリティの高いフィギュアですし、このフィギュアが欲しいために「Visual Studio 2010 with MSDN」を購入するファンもいそうですね!

IMG_8964



さらに、砂金さんからはマウスコンピュータからはUltrabookタイプの“痛PC”も近日中に発売になるとのお話が。
天板もオリジナルのものになるようです(コミケ当日はデザインが間に合っていなかった)。

IMG_8968

IMG_8970


スペックは以下の通り。価格は10万円前後と、意外とリーズナブルになりそうです。BTOにも対応。

IMG_8971


これまでの痛PCは微妙な価格帯のモノが多かったのですが、この製品は消費者にも納得してもらえるはず、と砂金さんはおっしゃっていました。



また、戸倉さんはイラストが苦手でも簡単にマンガが作れちゃう「コミPo!」が大好きだそうで、メーカーにお願いしてクラウディアさんの素材を作ってもらったそうです(笑)

コミPo! ~絵を描かなくてもポッとマンガがつくれちゃう!~[初回特典付き]
ウェブテクノロジ・コム (2010-12-15)
売り上げランキング: 3,470


今回、クラウディアの素材の入った「コミPo!」の体験版をいただいちゃいました!ありがとうございます!!

20130108170748

もちろんWindows版ですが、実家にあるPCに入れて試してみたいと思います!体験版は2013年12月31日まで無料で使えるということで、これはすごい!
通常の体験版はこちらからダウンロードできます。



コミケとマイクロソフト


マイクロソフトがコミケに出展するのには反対の声もあったそうです。
社内では「え?コミケ?」といった視線があったとのこと。また、ユーザーの中にも、堅いイメージのあるマイクロソフトがサブカルチャーの祭典であるコミケに出展するのは意外だと感じた人も多かったと思います。

Googleが前回のコミケ(C82)に出展したことに関して、戸倉さんは「やられた〜」的な感想をおっしゃっていましたが、そのあたりはIT企業としての何かがあるんでしょうね(笑)

ですが、サブカルチャー層のユーザーをもっと取り込みたいという思いもあり、今回出展してみたことは非常に良い経験になったと戸倉さんは語っていました。
ユーザーと身近なところでコミュニケーションを取ることで、次なる施策も見えてきたとのことです。

IMG_8974



感想


僕も含め、周りにはWindows PCからMacへ乗り換える人が増えています。ケータイをiPhoneにすると、その流れでパソコンもAppleのMacへ買い換えているような感じを強く受けます。

そのようななか、マイクロソフトはWindows 8を投入し、パソコン市場でもメーカーパソコンの販売が伸びるとの期待が非常に高いです。その評価はこれから出てくると思います。また、Windows AzureのようにイベントやWebサービスを裏で支える技術はもっと評価できるものではないでしょうか。
一方、ケータイにおいてはWindows Phoneがお世辞にも普及しているとは言えず、今後はパソコンだけでなくスマートフォンの分野でも同社の力量が試されることでしょう。


個人的に、同社が今回コミケに出展して新たなチャレンジをしたことは素晴らしいことだと思います。僕が強く感じたことは、同社がユーザーとの距離を縮めようと努力している点でした。

僭越ながら戸倉さんにもお伝えしたのですが、IT系の展示会ではなくこのようなサブカルチャーの祭典に同社がどんどん顔を出すことによって、ユーザーとの壁は低くなるでしょうし、もっと面白いこともできるような気がするんですよね。
それこそ、同社が僕たちブロガー向けに新商品のタッチアンドトライイベントを開催しているように、サブカルチャーが好きな人達向けに率先してイベントを開催するのも良いのではないでしょうか。そのときはまた取材させてほしいです(笑)

戸倉さん、砂金さん、お忙しいところ本当にありがとうございました。

20121231233239
 ブースではいろいろいただいちゃいました!

マイクロソフト「Windows8」のCMで使われている曲名が気になったので調べてみた!

カワイイぞ〜!「Windows 8」、応援キャラクター「窓辺ゆう」「窓辺あい」の存在が明らかに!

入社半年の22歳エンジニアが給料1,000万円!?『ASP.NETで開発した大規模ソーシャルゲーム』のセミナーで知った驚きの企業gloops