この記事は、reviews(レビューズ)より依頼した企画です。


IMG_6414

何もしなくても健康で過ごせたり、太らずにいられたり、事故にあわずに生活していければいいのですが、いつ何が起こるかわかりません。万が一に備えるのが医療保険とか生命保険ですが、僕はどうも楽観的なところがあって、今まで保険に対して本気で向き合ったことがなかったんですよね(^_^;)

でも、そんなことも言っていられない年齢になりました。もうすっかりおじさんだし、運動してないからお腹は出てるし、最近は体のいろいろな部分が痛いとか、ほんとヤバイ!このブログを御覧の皆さんも自分の体が気になる瞬間は必ずあるはず。

photo-6


先日、東京海上日動あんしん生命が新たに開発した「あるく保険」を“体験する”イベントに行ってきました。

その名のとおり歩くことに関連した保険なのですが、はたして「あるく保険」はどんな特徴があるのか。東京海上日動あんしん生命の佐藤さんにお聞きしたポイントをまとめてお届けしたいと思います。

photo-7



歩いて健康!キャッシュバックが嬉しい「あるく保険」


「あるく保険」はウェアラブル端末と保険を組み合わせた業界初の保険商品。なんと、歩いて健康を維持して、2年後にキャッシュバックをもらっちゃおう!という保険なんです!

photo-5


ウェアラブル端末といえば腕につけて歩数が計れて健康状態がチェックできるといったスマートウォッチが思い浮かぶことでしょう。「あるく保険」はそんなウェアラブル端末をつけて歩数を計測し、6ヶ月間の平均で1日あたり8,000歩以上を歩いたら2年後にキャッシュバックがもらえるという保険。

「あるく保険」に加入するのは簡単で、主契約である既存の保険商品+「健康増進特約」をつけることで「あるく保険」となります。

photo-12


ただ、2年間毎日8,000歩以上を歩くのは大変かもしれません。そこで、「あるく保険」ではキャッシュバックの確定する期間を6ヶ月ごと計4回に分けて設定してあります。どういうことかというと、6ヶ月×4回=24ヶ月(2年)とし、6ヶ月ごとに1日平均8,000歩を達成したかを判断。その都度キャッシュバックが確定し、その合計が2年後にもらえるキャッシュバック額となるのです。

例を挙げると、30歳の男性が月々3,100円の保険に加入している場合、6ヶ月ごとに確定するキャッシュバック額は600円です。これを最大4回達成すれば、24ヶ月(2年後)に受け取れるキャッシュバック額は2,400円!という仕組みです。
さらに、無事故給付金の5,000円も合われば、合計7,400円になるわけ。すごい!

photo-13


キャッシュバック額や無事故給付金の額は加入する保険の種類によって変わってくるため「◯◯◯◯円」とはっきり提示することができないのですが、キャッシュバックは毎月支払っている保険料の1ヶ月分くらいかな〜とイメージすると良さそうです。



「あるく保険」はスマホ+ウェアラブル端末で


今回、歩数を計測するため、スマホアプリと連動し歩数を計測できるウェアラブル端末「MISFIT FLARE」をお借りしました。「あるく保険」に加入した人はこれを東京海上日動あんしん生命から無償でレンタルすることができます。

始め方は、誰でも無料登録できる「dアカウント」を取得し、スマホに「あるく保険」アプリを入れ、MISFIT FLAREとペアリング(認識)させればOK。
iOS版はこちらAndroid版はこちら

アプリを起動すると日々の歩数データをスマホへワイヤレスで取り込むことができます。ちなみに、ほとんどのスマホは歩数を計測できる機能を備えているのでウェアラブル端末を装着しなくてもいいのですが、ウェアラブル端末を使った方が漏れなく正確に計測できます。

photo-1


MISFIT FLAREを装着すると、今日はどのくらい歩いたかな?まだ8,000歩に到達してないから1駅歩いて帰ろう!なんて気持ちにさせてくれます。実際に夜に夫婦でウォーキングをしたり、ときには新橋から豊洲まで約5kmを歩いたりもしています。この原稿執筆時点で使い始めてから6日間が経過しましたが、1日を除いて毎日8,000歩以上を達成していますよ♪

これまでも日常的にスマートウォッチを着けていたので歩数は意識していましたが、歩かない日は別に歩かなくていいやという気持ちでけっこうダラダラしていました。でも、「あるく保険」でキャッシュバックをもらおうと意識したら、なんだか歩くのが苦痛に感じなくなりました!まぁ、そんな大きな額ではないのだけど、お金のパワーってこうも人間をやる気にさせてくれるのだからすごい(笑)

20170925_arukuhoken_asuka_tSxXj
(キャッシュバック額が気になる僕)



森拓郎さん「正しい歩き方で大腰筋を鍛えよう!」


イベントの後半では森拓郎先生によるウォーキングのレッスンも行われました。

国は健康目標のひとつに女性は8,500歩、男性は9,000歩を歩くと定めています。どうでしょう?みなさん歩いてますか?

photo-21


森先生は「いつもよりも1,000歩ほど多めに歩くと目標値に届く。1,000歩とはだいたい750mで、時間にして10分程度ウォーキングするだけで今よりも健康になれる」と言います。これはわかりやすい!わざわざジムに通って過度な運動をせずとも、日常で歩く量を増やすだけで健康になれるってわけ!ダイエットをするなら食事の改善も必要ですが、やっぱり歩くって大事なことなんですね〜。

photo-16


ウォーキングで鍛えられるのは大腰筋(だいようきん)。腰から足についてる筋肉で、これが姿勢の要になっているんだとか。大腰筋が弱ると姿勢が悪くなり、大腰筋は年齢の経過とともに細くなっていきます。若いうちは気にしなくてもいいかもしれないけど、おじさん年齢になるとヤバイですね。。。この大腰筋を発達させると、ヒップアップして体型の見た目が良くなるし、お腹が凹むといったメリットがあるそうです。

photo-18


大腰筋を鍛えるには正しく歩くことが重要と言います。体をひねらず、大股で歩く。一歩踏み出した脚の逆の脚が後ろに行く際、脚の付け根がストレッチされる程度がベスト。これは意識してやらないと辛い!僕がいかに普段からひどい歩き方をしていたかがわかります(笑)

photo-19


実際にみんなで屋外に出て、正しい姿勢でウォーキングする練習をしました。脚の付け根や腰に気をつけながらやってみたものの、なかなか正しくできない自分に苛立ちましたよ。。。これは習慣化するしかないなと反省!

photo-25



なによりヤル気にさせてくれる「あるく保険」


これからは健康な体とキャッシュバックが欲しいと願いながら、毎日ウェアラブル端末を装着し、正しい姿勢で1日8,000歩以上を目標にウォーキングですよ!ずっとこの記録をキープしていきたいなぁ!

東京海上日動あんしん生命の「あるく保険」は契約可能年齢が20〜56歳までとわりと若い層がターゲットになっていますが、気になった方はぜひチェックしてみてくださいね。

なお、2017年10月4日に「あるく保険」のスペシャルサイトを開設予定で、11月2日からは全国の代理店で販売開始となります。また、一部のドコモショップに設置されている「ドコモでほけん相談」ではすでに先行販売中です!

photo-14