この記事は、reviews(レビューズ)より依頼した企画です。


ご存知のとおり、世の中に4K(Ultra HD)対応の製品が非常に増えてきました。映画、テレビ、ビデオカメラ、スマホ、PC。高画素・高画質化するのはありがたいんだけど、価格がどうしてもお高めなのが難点。なかなか手が出せないよ〜という方も多いはずです。

先日、2018年2月に発売となった新製品の4K解像度・HDR対応プロジェクター「BenQ HT2550が我が家にやってきました。家庭向けプロジェクターもついに4Kですよ〜。この製品、BenQさんはどう考えてもコスパの良すぎる凄いプロジェクターを出してきたなっ!というのが正直な感想。

その価格なんですが、当記事を書いている現在、Amazonではなんと168,000円(税込)!!



約830万画素(3,840☓2,160ドット)の高い解像度で、一般的なフルHDの4倍もの解像感のある映像が楽しめる夢の4Kプロジェクターがこんなに安くていいの!?と衝撃的な価格。これなら手を出しやすい価格帯なのではないでしょうか。



そんな興奮せざるを得ない真新しいBenQのHT2550をしばらく使ってみましたので、特長と感想をお送りいたします!


BenQ HT2550の特長


  • 高解像度830万画素の4K UHDプロジェクター
  • HDR10対応で明暗をくっきり表現できる
  • 輝度2,200ルーメン/コントラスト比10,000:1
  • BenQ独自のCinematic Color技術による際立つ色彩
  • RGBRGBカラーホイール採用でRec.709に96パーセント対応
  • 縦自動台形補正機能
  • 投写距離3.25mで約100型サイズの画面を投影(最大300型まで投影可能)
  • 実売価格168,000円とリーズナブル(記事執筆時)



4KとHDR10に加え、色を忠実に再現する独自技術を採用


HT2550は最先端の0.47インチシングルDMD DLP技術を使用した初の4K DLPプロジェクター。


(操作ボタンはすべて天面に集約。リモコンも付属)


他社製品だと410万画素しか生成しない「4Kエンハンスメント技術」を採用していたりするんだけど、それとは異なり、
HT2550は全米民生技術協会(CTA)が設定した4K UHD規格に完全に準拠した真の4K UHDパフォーマンスのために830万の異なるピクセルを生成します。
と言い、ボディサイズをコンパクトに抑えながらも、高精細なプロジェクターを生み出したBenQさんに拍手を贈りたいです!



色精度へのこだわりもすごい。HT2550はBenQ独自のCinematic Color技術に加え、RGBRGBカラーホイールの採用でRec. 709に96%対応し、制作者の意図した色を忠実に再現。

BenQ CinematicColorは、業界で認知されているRec. 709(BT709)色域を提供し、監督が意図した映画の色を保証する国際的なHDTV規格です。 さらに、RGBRGBカラーホイール技術、高ネイティブANSIコントラスト比、色差の低いデルタE性能を実現し、鮮明な画像パフォーマンスで色精度を保証し、ホームシネマを楽しむための鮮明なビジュアルとシャープなディテールを提供します。

これらBenQの技術やこだわりによって、映画ファンも納得の非常に高いレベルの色精度を実現できるようになったわけです。

また、HDR10をサポートしているので、黒つぶれや白飛びの少ない明暗のくっきりとした解像感ある映像を視聴可能。一般的に映画作品は4KとともにHDRにも対応していることが多く、HT2550は安心して高解像度・高ダイナミックレンジの作品を楽しめます!


(入力端子はHDMI☓2とPCに対応。USBもあり)



ズームや自動台形補正など、使いやすい機能がありがたい!


プロジェクターは基本的にスクリーンとの投影距離を長くすればするほど映像を大きく映し出すことが可能です。



HT2550はスクリーン(壁)からレンズまでの投写距離が約2.5mのとき、投影サイズは70インチほどになります。我が家のリビングがもっと広かったらさらに距離を空けて投影サイズを大きくできたんだけどねぇ(^_^;) 距離を長く取れば、最大300インチまでの巨大画面を楽しめる!

そんなデカいリビングのある家に住むなんて夢のまた夢だけど、100インチくらいは一般家庭でもいける気がする。

良いと思ったのが、専用設計の光学1.2倍ズームが便利。



このズームにより、3mの投写距離でも約100インチの大きなスクリーンを投影できるの。ズームの有無の違いは下の写真のとおりで、同じ位置から投影してるのにズームをオンにすればこんなにも投影サイズを大きくできちゃう!



やっぱり、映画を観るときには巨大スクリーンの方がいいもんね。ズーム機能はあと少し大きな画面にしたいってときにありがたいです!

本体の前方と後方には伸縮可能な足が付いています。これである程度は本体の高さ、投影角度の調節ができるようになってる。



さらに便利なのが「自動台形補正機能」。角度によって生じる台形のゆがみを縦方向に自動補正してくれます。

なので、投影する角度や距離を決めた後はもう本体を動かす必要はなし!自動台形補正でパパッときれいな長方形になるから、ストレスなくスクリーンを調整してくれますよ。



CinemaMaster Audio+ 2 オーディオ・エンハンスメント技術を搭載した内蔵スピーカーは家庭用としてはかなりパワフル。大きなリビングルームやシアタールームでも部屋の隅々までクリアで臨場感のある音が響くのではないでしょうか。リビングが広くない我が家では音量レベル1〜2程度で十分に迫力あるサウンドを楽しめました。



これはBenQの他製品にも言えるんだけど、もちろんHT2550は光るリモコン付き。プロジェクターを使うシーンは部屋を暗いときがほとんどだろうから、そんな中でもボタンを確認できるバックライト付きリモコンは非常に助かります。



なお、HT2550の重量は4.2kg。ゴツいイメージのあった4Kプロジェクターですが、HT2550はコンパクトで軽量。家庭だけでなく、お友達の家でのホームパーティーや別途電源を用意してアウトドアシアターも気軽にできそうです!



さて、高機能で安価なHT2550は実際のところどうなのか。このあとは複数の4K作品を視聴してみたレポートをお送りします。



Apple TV 4KとPS4 Proで、映画・ゲーム画質をチェック!


4K対応の動画配信サービスを利用する場合、HDCP2.2の表記のあるHDMI1にHDMIケーブルを挿入して接続します。間違わないように気をつけてください。なお、HDCP2.2とは著作権保護規格です。



今回、4K・HDR対応コンテンツでレビュー用に視聴・プレイしたのは以下のタイトルになります。まったく個人の趣味(笑)

  • 映画『パシフィック・リム』
  • 映画『メイズ・ランナー2:砂漠の迷宮』
  • ゲーム『モンスターハンター:ワールド』
  • YouTube『Horizon Zero Dawn』4Kプレイ動画


我が家にはプロジェクター用スクリーンがないので、リビングルームの白い壁に投影しています。壁紙はこのように若干の凹凸と模様があって条件としてはやや不利ではあるものの、はたしてどうなるのでしょうか!?

th_FullSizeRender 25



『パシフィック・リム』


Apple TV 4KとHT2550をつないで4K・HDRに対応した映画『パシフィック・リム』を視聴。日本の特撮やアニメの影響を大きく受けて制作した作品とあって、日本にもファンの多い作品ですね。



怪獣と戦うために巨大ロボット・イェーガーが海中へ飛び込むシーンでは水しぶきの細かい粒まで鮮明。HT2550が魅せる高い解像感がたまりません!

爆破して辺り一帯の海水が消え飛ぶ場面では、HDRならではの闇と光のコントラストがきれいに出ています。



ここで4K解像度の映像をアップで見てみましょう。一眼カメラで近づいて撮りました。



模様のある壁紙に投影しているので凹凸や模様がやや反映されてはいるものの、映像はめちゃくちゃキレイなのがわかります。精細な映像ですね〜!

エンドロールで流れるメタリックなイェーガーたちも美しすぎ!



さらに、続編『パシフィック・リム:アップライジング』の予告編映像も4K・HDRで楽しめました。




『メイズ・ランナー2:砂漠の迷宮』


続いて『メイズ・ランナー2:砂漠の迷宮』。この作品では砂漠の廃墟を進むシーンに注目。

瓦礫の質感、暗いビルの影と強い日差しに照らされた砂の輝きがHDRによってくっきり明暗が再現できています。



昔の低ビットレートの動画だと細かい描写ではブロックノイズが発生しちゃいますが、高速な光インターネットのおかげで高ビットレートのコンテンツも問題なく配信できるのが今の時代です。4K画質が配信できるのもそういった高速通信の発展のおかげなんですね。そして、それをしっかり見せてくれるHT2550はやっぱりとんでもないプロジェクターですよ。

3部作の2作目ですが、最後まで目が離せないんですよね!完結作となる『メイズ・ランナー3:最期の迷宮』は6月15日より公開とあって楽しみです!


『モンスターハンター:ワールド』


PS4 Proでプレイしているゲーム『モンスターハンター:ワールド』も4K・HDRをチェックしていきますよ。



強敵イビルジョーを狩りにいざ出発。ただでさえ巨大なモンスターが約60インチのスクリーンでさらに迫力が増している。。。

4K・HDRということで、フィールドの細かい描写までキレイに見えますね!



動きの早いシーンでも残像感は感じられず、HT2550の良さを体感。素早いアクションが要求されるモンハンにおいてストレスなく、圧倒的なスケールと興奮で楽しくプレイできます。

と、肝心のバトルはだいぶ苦戦しましたが、なんとか勝利〜。ふぅ。ひとりでの狩りは辛いです(^_^;)


『Horizon Zero Dawn』(プレイ動画)


あと、YouTube!何気にYouTubeも4K・HDRに対応しています。PS4 ProやApple TV 4Kなど対応機器から対象動画を再生すればOK。4K画質でゲーム実況動画があったのでこちらを視聴しました。『Horizon Zero Dawn』の4Kプレイ動画です。



ディティールまで細かく色鮮やかに出ているし、見ていてため息が出ます。



本来その作品が持つ美しいクオリティーをそのまま大きいスクリーンで楽しめるって最高ですね!そりゃ、4Kテレビだって選択肢にはあるだろうけど、そもそも今はテレビを見ない人も少なくありません。

スクリーンや壁さえあれば気軽に最大300インチの大迫力映像を体験できるのだから、4KプロジェクターのHT2550は映画・ゲーム・動画を楽しみたい人へめっちゃオススメだと感じました。



【おまけ】4K映画のラインナップが豊富なApple TV 4K


今回、4K映画を視聴してBenQ HT2550をレビューするのがメインだったのですが、国内で利用可能な動画配信サービスで4K・HDR対応作品を探すのにとても苦労しました。

HT2550を使っているうちに、4K映画を観るならどの動画配信サービスが最適なのか、(結果的に)知識がついたので以下にまとめておきますね。これを知っておくとより4Kを身近に感じられるかも!?

  • 「Apple TV 4K」は圧倒的に4K対応コンテンツが多い。新作のレンタル料金(4K画質)は1作品700円、旧作で400円ほど。ちなみに、通信速度が遅いと自動的にHD画質に落として再生。せっかく4K作品にお金を払って購入・レンタルしたのに遅くて再生できないといった事態を回避できる
  • Amazonの「Fire TV(4K・HDR対応モデル)」は本体価格が8,980円と安いが、「Amazonプライムビデオ」の見放題・都度課金どちらも4K対応コンテンツはまだまだ少ない
  • 「Hulu」は日本国内だとまだ4Kに対応していない
  • 「Google Play ムービー&TV」、「U-NEXT」、「dTV」は4Kコンテンツが少ない
  • 「Netflix」は4K画質のオリジナルドラマが多い一方で、映画の4K対応コンテンツは少ない



各動画配信サービスは4K対応タイトルの探しづらさが目立ちました。4K対応のテレビやプロジェクターにつないでいるときだけ、検索結果に4Kコンテンツを表示するサービスが多いなか、Appleは手元のiPhoneやMacのiTunesからでも4Kコンテンツを調べられるのが便利。「4K HDR 映画」というカテゴリを用意していて、4Kコンテンツを探すのが非常に楽に感じました。

ちなみに、PS4 Proは4K・HDR動画の再生に対応していますが、4K・Ultra HD Blu-rayの再生には非対応ですのでご注意くださいね。

BenQのHT2550を使って4K映画を楽しみたいという人は以上の調査結果を参考にしてほしいです。(情報は2018年5月現在のもの)



HT2550はコスパ最強の4Kプロジェクター


4K UHD解像度のコンテンツはこれからもどんどん増えていくでしょう。4KのBlu-rayソフトやネット配信も増えています。課題はそれらを視聴するための出力デバイスが普及していないことなんですよね。4Kテレビもこれからが本番でしょうし。

そんななか、BenQが発売したHT2550はリーズナブルでお求めやすい価格だし、今回のレビューを通じて美しい映像をしっかり投影できることがわかりました。僕は映画やゲームでHT2550の良さに惚れ込んだ一方で、奥さんはYouTubeを楽しみ、大好きなユーチューバーさんの実況動画を大きなスクリーンで視聴するのにハマってしまったもよう。

4K映画を家庭で手軽に楽しみたい方にピッタリなプロジェクターであると自信を持ってオススメできます!

全国のお父さん!HT2550はお財布にもやさしくて、奥様を説得しやすい4Kプロジェクターですよ〜♪



さて、いかがでしたでしょうか!BenQではプロジェクターや液晶ディスプレイなど、BenQ製品の魅力をブログやSNSで発信してくれるアンバサダーを募集しています。新製品の情報や限定イベント、モニター体験企画などアンバサダーの特典もたっぷりありますので、皆さんもぜひ登録してみてください!



(C)2013 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND LEGENDARY PICTURES FUNDING, LCC
[c]2015 Twentieth Century Fox Film Corporation. All Rights Reserved.
cCAPCOM CO., LTD. 2018 ALL RIGHTS RESERVED.
(c)2017 Sony Interactive Entertainment Europe. Published by Sony Interactive Entertainment Inc.Developed by Guerrilla.