th_2017-02-14_1253

2017年1月26日に発売となった「バイオハザード7 レジデント イービル」。どうやら全世界で出荷本数が300万本を突破したそうです!

奥さんがあまりにも怖がりなので、我が家ではバイオ7をプレイすることができないんですが、YouTubeの実況動画で何人ものユーチューバーが「家族」にやられるのを見て楽しんでいます(笑)

そんなバイオ7が開発完了時の打ち上げパーティーで制作した“マル秘動画”が「バイオハザード アンバサダー」のメンバー向けに公開されました。

この動画はYouTubeで“リンクを知っている人のみの限定公開”に指定されているので、ブログ上では皆さんにご紹介することはできませんが、どんな映像だったのかを文章でご紹介したいと思います!

動画の長さは2分14秒。

まず、おなじみのビデオテープがビデオデッキに挿入され、カラーバーとともに
Stf452 kp-26mx Njtl
“LAUNCH PARTY”
Please watch this.
S-VHS
の表示が。

すると、開発総責任者を務める竹内潤氏たちが歌う「Go Tell Aunt Rhody」が流れるのですが、あまりにもひどい歌声に映像が途中で消えます(笑)

続いて、ファミパン一族のルーカスが(例のシーンのごとく)カメラに語りかけながら登場し、
「ひっでぇな オイ!今の歌よぉ!」と言い、「やっと発売したらしいなぁ 完成したからいいけどよ!リテイク多すぎんだよ!何度も何度も腕切りやがって!もっとギャラ上げろよ!まあ、とにかく・・・完成おめでとう。俺たち“家族”が祝福してやるぜ!そうだろみんなぁ!」
と、微笑ましいルーカスを見ることができます。

再び映像が切り替わり、今度は開発陣みんなで「Go Tell Aunt Rhody」を合唱。

ベイカー夫妻(ジャックとマーガレット)が歌にあわせてダンスしたり、ミアとゾイがゴムボートの上で手を振ったりしている映像が流れるほか、開発スタッフたちが腕を組みながら嬉しそうにしている様子も。

バイオ7をプレイした人、実況動画を見た人なら、特にルーカスがカメラに向かってしゃべっている場面の吹き替えは楽しめるのではないでしょうか!今後こういった吹き替えネタが流行りそうな気もします(笑)