2018年春に発売されたばかりのミラーレス一眼カメラ「Canon EOS kiss M」はYouTuberやブロガー・インフルエンサーの中でも話題のカメラとなっていて、僕が予想していたよりも人気になってて良い意味でビックリしています(^^)

ただ、カメラを欲しいなと思って新製品情報をチェックしたり、レビューとか口コミ・評判を確認していても、それが本当に良いカメラなのか、自分にぴったりなカメラなのか、何かしらわからない部分はありますよね。

実際に自分の手で触って確かめてみるのが一番です!「Canon EOS kiss M」をいきなり買うのではなく、しばらく借りて使いながらその良し悪しを確認するのがオススメ

th_2018-05-20_1909


そこで、カメラやドローン、プロジェクターや生活家電など、さまざまな製品を借りられるサービス「Rentio(レンティオ)をぜひ利用してみてください。当然、Canon EOS kiss Mもレンタル可能です!




後悔したくないなら、まずはカメラを借りて試す!


th_large

たとえば、料理写真にぴったりな22mmの単焦点レンズと、風景やスナップ写真にちょうどいい15-45mmの2本のレンズが付属する「CANON EOS Kiss M ダブルレンズキット ミラーレス一眼 ブラック」のレンタル料金は3泊4日で11,980円(税込)です。

料金はちょっと高めに感じるかもしれませんが、本来の購入価格のだいたい10分の1がレンタル料金ですね。これで失敗せずにEOS Kiss Mの使い勝手を確認できるのなら、ぜんぜん高くないはず。ミラーレス一眼カメラって決して安い買い物じゃないですもん。。。



レンズも試せますし、なんなら他のレンズも追加して借りてみるのもいいでしょう。例えば、55〜200mmの望遠レンズ「Canon 望遠ズームレンズ EF-M 55-200mm F4.5-6.3 IS STM」とかね!

th_50-200mm


ちなみに、SDカードも必要ですので、自分で用意するかSDカードをレンタルするのをお忘れなく!



そして、嬉しいのがレンティオは送料無料ということ!なんと、借りる時も返却時も送料はどちらも無料です。気軽に借りられるから、ほんと嬉しい。




カメラは1日多めにレンタルしておこう!


photo-3

さて、レンティオでカメラを借りることにしたら、予定よりも1日多めに借りることを推奨します。

出掛ける1日前には自宅で練習したり、いくつかの機能を試してみるのが良いですね。1日たっぷり練習した後に2泊3日の旅行へ持っていく、みたいなスケジュールを想定してレンタルしましょう。

いきなり旅先で撮ろうと思ったら、きっとあたふたして焦るはずですしね。なので、あらかじめ適当に身の回りのものを撮影して慣れておけば、本番で観光スポットを訪れたときにサッとシャッターを切れますよ(^^)

レンティオ
(以前に借りたときの例)


あとはレンタルの在庫次第。他人がすでに借りていたら申し込めないけど、製品の貸出可能状況はこのようにカレンダーで一目瞭然なので、借りたいスケジュールに合わせて申し込めるのも安心。

もちろん長期間試したいときには、4泊5日とか5泊6日とか期間を延ばすことも可能なので、海外旅行へ持っていきたいときに便利です!

レンティオで家電製品を借りるときの手順は以下のとおり。

th_2018-05-20_1823


最終日は実質23時59分まで使ってOK!ギリギリの時間まで使って、返却はコンビニから発送すればいいから、最終日もたっぷり使えます。

僕が実際にレンティオを利用して360度カメラを借りた際のレビューもぜひチェックしてみてね\(^o^)/



th_IMG_8400



防水カメラやGoProも!たまにしか使わない物はレンタル


ミラーレス一眼もいいんだけど、実は防水カメラがオススメ。シュノーケリングとかプールで使える防水性能のあるコンパクトデジカメなら、海の中でキレイな珊瑚礁とか色鮮やかな魚たちを撮影できます!

これから本格化する行楽シーズンでリゾート地へ行く人も多いでしょう。でも、防水カメラってわざわざ買うほどでもないだろうから、そんなときはレンティオで防水カメラを借りればとても経済的です。



話題になったソニーの首掛けスピーカーの「SONY ウェアラブルネックスピーカー SRS-WS1」も3,980円でレンタル可能。それに、あのアクションカメラの「GoPro」シリーズも旧機種から最新機種まで揃っているので、ぜひチェックしてみて!!

th_SRS-WS1th_gopro