th_2014-12-21_1107

偶然にも今週は映画館で映画を4つも観るほどスクリーンまみれな僕です。4DXで観たベイマックスは最高でしたね〜

さて、今回はお知らせです。携わっている方々がめちゃくちゃスピード感のある人たちでして、オファーから本格始動までがすっごく短期で、もう情報の公開がOKとなりましたからご報告させていただきますね。

映画サイト「シネマズ by 松竹」をお手伝い


2015年から、「シネマズ by 松竹」という映画情報サイトでお手伝いをすることになりました。

これまでも映画情報サイトなんてたくさんありますからインパクトは薄いかもしれません。

しかしながら、このプロジェクトに関わっているのはご存知の方も多いと思われる凄い方ばかり!とても刺激あるメンバーなので、僕がその中に入ってやらせてもらえることにまずは感謝です!どんな人たちなのかはそれぞれがご自身で発表すると思いますので、お楽しみに。

普段から読者のことを想って記事を書いているメンバーですから、きっとシネマズ by 松竹を訪れた人々に価値ある情報をお届けできるものになると感じています

th_2014-12-21_1110


シネマズ by 松竹はどんなサイトなのかというと、映画ニュースやイベント情報、特集、キャンペーンなどのコンテンツがあり、松竹の作品はもちろんなのですが、その他の配給会社の作品も取り扱うのがポイント。

そして、僕たちのやることは特にジャンルは絞られてなく、ニュースや作品レポート、インタビューなどの裏話、フードメニューや設備など映画館のお役立ち情報など、想像しうることを何でもやっていく。ほんと自由にやらせてもらえるとのことで、今まさに関係者みんなで様々なアイディアを出し合って面白そうな企画を進めているところです。年末なのにみんな暇なんですかね(いや違う)。

僕は2011年にワーナーのPR大使を務めていました。試写に行ったり、作品をレポートしたり、「ワーナー・オンデマンド」を盛り上げる仕事でした。それこそシネマズ by 松竹っぽいことをやっていたのですが、3ヵ月という短い契約期間ではどうしても盛り上げきれず。

関連:「ワーナー・オンデマンド」のPR大使に選ばれました!

そのワーナーオンデマンドはサービスそのものが2014年3月31日で終了となり、目まぐるしく動く映画業界・動画サービスを目の当たりにしていろいろと考えさせられましたね。

そういった意味では、シネマズ by 松竹は僕にとってリベンジになるのかな。でも、今回はきっと長期間に及ぶだろうし、僕一人じゃなくたくさんのメンバーとやっていくのでとても心強いです!

image


新たに、シネマズ by 松竹の関係者という肩書きをいただき、これからは今まで以上に映画業界に携わっていくことになりそう。

ブログやイベントレポートで培ったノウハウをうまく活用して、このシネマズ by 松竹でいろいろな映画の楽しみ方をお届けしていきたいな〜と思っております。どうぞ応援よろしくお願いします!

面白いことやろうゼ!

 → シネマズ by 松竹 公式ページ
 → Facebookページ
 → @Cinemasby