th_2016-10-19_1524

※2017年2月7日最新情報に更新

ドコモがディズニーモバイルの新製品「Disney Mobile on docomo DM-01J」を発売します。発売日は2017年2月9日。

カラーバリエーションはピンクとブルーの2色展開です。スペック的に価格は安くなりそうと予想していましたが、実質価格は新規・機種変更・MNPともに15,552円(税込)です。詳細はドコモのサイトにてご確認ください。

 ▶ Disney Mobile on docomo DM-01J


製造メーカーは富士通コネクテッドテクノロジーズです。富士通がディズニーモバイルを提供するのは2013年冬春モデルだった「Disney Mobile on docomo F-03F」以来。

今回のDM-01Jは水の魔法をイメージしたデザインになっていて、同梱されるディズニーオリジナルカバーは水の世界を再現したスワロフスキー・クリスタルが光り輝きます。カバーは閉じたままでもメールの受信や電話の着信が可能。

org_kt8-2


以下、スペックです。



Disney Mobile on docomo DM-01Jのスペック


■ディスプレイ:約5.0インチ(解像度720×1,280ドット)
■CPU:Qualcomm MSM8916 1.2GHz クアッドコア
■メモリ:RAM 2GB / ストレージ 16GB
■バッテリー:2,580mAh
■防水防塵:◯(IPX5、8/IP6X)
■対応周波数:LTE 2GHz/1.7GHz/800MHz・3G 2GHz/800MHz・GSM 1.9GHz/1.8GHz/900MHz/850MHz
■OS:Android 6.0
■サイズ:約143×約71×約8.3mm
■重量:約141


スペックはここ1〜2年に販売されたスマホの中では低く抑えてあり、かなりコストを削っている印象ですね。

解像度がフルHDではなくHD(720×1,280ドット)になったことや、メモリ(RAM)が2GB、ストレージが16GBという点が残念。もはや2万円程度で販売されている格安スマホと同レベルです。

org_kt8-1


時を遡ると、前機種のDisney Mobile on docomo DM-02H(2016年夏モデル)はフルHDでRAMが2GB・ストレージ16GB。その前のDisney Mobile on docomo DM-01H(2015年冬春モデル)はフルHDでRAMが3GB・ストレージ16GBと、1年前の方がディスプレイの解像度もRAMの容量も高くて良かったなぁ〜と。




ディズニーモバイルは比較的高価格な値付けがされることが多いスマホではあるものの、「Disney Mobile on docomo DM-01J」はこのスペックのためか、本体価格は一括で58,320円(税込)とわりと安いです。

もし、スペックに関係なくディズニーモバイルをコレクションしている人にとっては好都合ですが、単純に機種変更を検討していたのであれば様子見かな〜と。とりあえずは今後、以下のドコモのサイトで最新情報をチェックしておきましょう。



th_2016-10-19_1521