7_32GB_Gold_XL

2017年1月10日、ドコモが月々サポートの割引額を増やしました。これにより、iPhone 7 / 7 Plusが下取りプログラムを併用することで機種変更でも実質0円から購入できるようになりました。iPhone 7に機種変更したいと考えていた人には嬉しいニュースです。

割引額が増したのはiPhone 7 / 7 Plusの全機種。
  • iPhone 7 32GB
  • iPhone 7 128GB
  • iPhone 7 256GB
  • iPhone 7 Plus 32GB
  • iPhone 7 Plus 128GB
  • iPhone 7 Plus 256GB


例えば、「iPhone 7 32GBモデル」を機種変更で購入する場合を見てみると通常価格は82,296円だけど、「月々サポート」によって55,728円分の割引が効き、さらに今だと「冬のお取りかえ割」で5,184円の割引もあります。これにより実質負担金は21,384円となるのですが、今使っているスマホをドコモに下取りしてもらうことにより最大で28,800ポイントが還元。ポイントは月々の支払いに充てられるため、事実上の割引にあたります。実質負担金の21,384円から28,800円分が引かれることになるわけ。

つまり、実質0円でiPhone 7を手に入れられるようなりました。さらに、オマケとして下取りを今申し込むと1,200ポイントが加算されるのでさらにおトクに。


下取り額は機種によって変動がありますが、例えば発売からすでに2年を迎えた「iPhone 6」を下取りに出すと16GB/64GB/128GBの容量に関わらず一律で20,800ポイントで下取りしてくれます(郵送の場合)。画面が割れていると大幅な減額はあるものの、2年も経過したiPhone 6がたとえ16GBモデルでも20,800ポイントになるのはけっこう大きいです。なお、ドコモ・au・ソフトバンク・SIMフリーのいずれのモデルでも下取り価格は同額です。

【iPhone 6を下取りに出した場合のiPhone 7 32GBの実質価格】
iPhone 7 32GBの本体価格82,296円(税込み)
月々サポート(割引額)-55,728(-2,322円×24ヵ月)
冬のお取りかえ割(割引額)-5,184円
下取り(ポイントによる割引額)-20,800円
下取りでおトク!(増額ポイントによる割引額)-1,200円
合計(実質)-616円


本体82,296円に対し、割引は-82,912円。これにより支払いは実質0円以下となり、余った616円分の割引額は月々の通信料などの割引に使えます。

一方、中古ショップで未使用のiPhone 7本体だけを購入し、別途格安SIMを契約して利用する選択肢もありますが、何らかの事情でドコモから離れられないという方は今回の月々サポートの増額はチャンスと言えそうです。



iPhone 7を上記のように実質0円で購入するには、機種変更の申し込み時に、機種変更によって不要になるiPhoneやAndroidスマホの下取りを申し込めばOK。iPhone 7が届いたあとに別に下取り用送付キットが届くので、下取り用送付キットに今まで使っていたスマホを入れて郵送すると下取りが完了します。

下取りの申し込みはドコモオンラインショップで機種変更の申し込みと同時にできますから、iPhone 7を購入の際にはお忘れなく。

ドコモオンラインショップはこちら。