2019年1月4日から2泊3日で神奈川県足柄下郡箱根町・芦ノ湖近くにある温泉ホテルに宿泊し、数年ぶりに箱根へ旅行してきました!

東京から箱根湯本までのアクセスはJR東海道線で小田原まで行き、小田原からは箱根登山線で箱根湯本まで行くルート。乗り換えが少なくできるだけ座って行ける選択肢を選んだというわけです。所要時間は2時間くらいだったかな。箱根湯元までなら東京からめっちゃ近いですよね。



芦ノ湖まではカーシェアで移動。普段から契約してあるタイムズカーシェアを利用しました。箱根湯本には駅から徒歩圏内の場所にタイムズのステーションが2ヵ所ほどあって、そこの1台を予約。



ありがたいことに冬のシーズンはスタッドレスタイヤを装備しているので、東京からノーマルタイヤのレンタカーを借りるよりも安全だし、なによりプラス料金がなく標準でスタッドレスを履いてて経済的。




「芦ノ湖温泉ホテルラクーン」


泊まったホテルは2泊とも「芦ノ湖温泉ホテルラクーン」。楽天トラベルで予約したんだけど、掲載されてる写真はかなり盛ってる。実際に現地を訪れてみると、そうでもない感じ(笑)まぁ、汚くてボロい宿ではないから良かったけど。



ホテル内の温泉はほぼ24時間入浴可能だったから嬉しかった!遅めの時間帯に行けば、ほとんど貸し切りになるしね。実際に1泊目は僕ひとりで温泉を満喫できました。2泊目は他に2人ほど入ってきたけど。

ご飯は前菜とメインが出てきて、あとのおかずはビュッフェ形式で取り放題・食べ放題のディナー。いわゆるハーフビュッフェというやつ。また、朝食もビュッフェです。





箱根ってそんなにメインになるような名物ってないし、ビュッフェで好きなものを食べた方がいいなと思ったし、これはこれで正解!わりと美味しいメニューが多く、満足度も高かった。



芦ノ湖周辺の観光、「恩賜公園」は富士山の鑑賞スポット!


箱根を温泉巡りしても良かったんだけど、買ったばかりの「Canon EOS R」を持ってきたことだし、どうせなら写真スポットに行こうと芦ノ湖へ。スマホ(Galaxy S9+)のカメラも気に入っているので、両方を使い分けながら撮影しまくってきました!



「恩賜箱根公園」へ行ってきました。読み方はおんしはこねこうえん。



恩賜箱根公園は芦ノ湖にある公園。展望台もあり、ここから富士山や箱根の山々を見ることができます。



周辺の道路は混んでるものの、無料・有料の駐車場がいくつも整備されているため、クルマを停めるのには苦労しません。あ〜、でも箱根神社まで行くなら混雑覚悟してください(笑)

入園料などない箱根恩賜公園は気軽に入れていいですね!ただし、坂が行く手を阻みます。結構な距離を上り下りするのを覚悟して行きましょう。

そして、展望台からの眺めがこれ!



午前は雲で富士山が1割くらいしか見られませんでしたが、夕方の日没時間帯に再び訪れてみたらこんなにもハッキリときれいな富士山を見れた!





「大涌谷」へ行く箱根ロープウェイは桃源台駅から乗るのがおすすめ


箱根といえば地獄を見たいと思う旅行者がほとんどでしょう。地獄とは「大涌谷(おおわくだに)」のこと。大涌谷まで行くには箱根ロープウェイに乗ります。



ただ、この箱根ロープウェイは箱根湯本よりの早雲山駅から乗るか、芦ノ湖の湖畔にある桃源台駅から乗るか、で帰りの快適さ・混雑さが変わってきます。



大涌谷を出るロープウェイの最終便は夕方16時台の後半と、意外と早い。

この時間、大涌谷駅から早雲山駅(箱根湯本方面)へと帰るお客さんで大混雑するんです!箱根でこんなにも人が行列するのかぁ〜と衝撃的な光景でしたよ。。。これこそ、まさに地獄ですね。

なので、箱根湯本から大涌谷へ行こうとすると、帰りの大混雑に注意してください。

僕らは逆方向の桃源台駅(芦ノ湖方面)へ帰ったのですが、こちらはガラガラで待ち時間0分でロープウェイに乗れました。桃源台駅〜大涌谷駅までの料金は往復で2,000円(大人)。



大涌谷からはこんなにもダイナミックに富士山が楽しめますよ!





箱根湯本から徒歩圏内で遊べるスポット



「箱根町立郷土資料館」


どうしてここが温泉で栄えたのか、なぜこんな奥地にまで鉄道が敷かれたのか、などなど歴史や地形を見ながらブラタモリ的に箱根を知ることができる資料館。入場料は300円とか400円くらいだったので、気軽に入れます。場所はちょうど町役場の隣です。ちなみに館内は撮影禁止。



「湯元富士屋ホテル」


箱根湯本駅から郷土資料館へ行く途中の道に建つ、歴史あるホテル。レストランのビーフカレーが有名だそうです。僕はフレンチトーストをいただきました!めちゃくちゃ美味い。コーヒーがおかわり自由なのも嬉しかったです(*^^*)




「天成園」「玉簾の瀧」


箱根湯本駅からやや歩きますが、温泉街を見ながら歩けばわりとすぐ到着しちゃった。天成園は大きなホテルで、敷地内にある瀧や神社は宿泊者じゃなくても観光可能。ここがなかなか楽しくて、いい感じの写真スポットに。

放し飼いされてるアヒルとカモがまるでアイドルのように人気!

タオルも無料の足湯が気持ちよくて、ついつい長居してしまったよ!








冬の箱根は温泉が最高!正月はクルマの渋滞に注意


ということで、正月の1月4日〜6日にかけて箱根・芦ノ湖温泉を楽しんできました。



「箱根関所」があるように、芦ノ湖は道が集約されてて交通事情はかなり大変なことになってた。その箱根関所から箱根神社まではわずかな距離なのに、初詣に行くお客さんが多いためクルマが大渋滞。観光バスを待つ人も時間どおりにバスが来なくて困ってる状態でした。

昔の人が実際に歩いていた街道は今も箱根杉並木として残っており、同じ場所を歩いて通れるようになっています!



お正月に箱根を訪れるなら時間に余裕を持って行くことをおすすめします。とりあえず、今回足を運んだ郷土資料館や天成園は楽しめたし、恩賜箱根公園はみごとに整備されてて気持ちよく散策できました。

久しぶりに箱根に行ってみようかな〜なんて思った人にこの記事が参考になったら嬉しいです(^^)ではでは。