茨城県・北部エリアの各地(6市町村)で9月17日より「茨城県北芸術祭2016」がスタートしました!

今回、茨城県経営者協会さんからご招待いただきまして、この芸術祭のレポートや県北エリアの観光スポット・グルメなどをブログで紹介することになりました。よろしくお願いします!

(なんか、現地の新聞には僕ら3人がブログレポーターとして選ばれたことが報道されてたみたいw)






さて、まずは僕が出発点に選んだ日立駅へ。東京・上野駅から特急ひたち号いわき行きに乗ります。

8:00 上野駅
・・・料金4,140円(うち特急券1,550円・全席指定)
9:41 日立駅

ちなみに、この特急ひたちは各座席の肘掛け部分に電源コンセントがあるから便利♪USBアダプターを使えばスマホを充電しながら茨城へ行けます。




レンタカー不要!バスで回れる県北芸術祭ダイジェストツアー


さて、なぜ日立に向かうのかと言うと、日立駅からバスに乗って各地の展示を鑑賞できる「ダイジェストツアー」を利用して芸術祭を回ろうという計画だからです!

ダイジェストツアーはいくつかコースがあるんだけど、やはりチームラボの作品『小さきものの中にある無限の宇宙に咲く花々2016』は見ておきたいと思い、この作品が展示してある天心記念五浦美術館に寄る「ダイジェストツアー きらめき海コース」に申し込みました。いや〜、楽しみです!



料金は芸術祭すべての作品を鑑賞できる作品鑑賞パスポート(通常2,500円)とツアーのバス代、昼食代が込みで5,000円。事前にWebサイトで申込み済み。

10時に日立駅に集合なので、8時に上野駅を出る特急ときわなら余裕で間に合うというわけ。

翌日はツアーとは関係なく、自分で電車とバスで常陸大宮エリアの展示会場を回る予定です。ということで、ブログでのレポートをぜひご覧くださいね〜♪

茨城県北芸術祭2016


なお、「茨城県北芸術祭」パスポートをプレゼントするキャンペーンも実施していますので、こちらもチェックしてみてくださいね♪