Appleが2015年9月に発売した「iPhone 6s」「iPhone 6s Plus」。2018年1月となった今、すでに発売から2年以上が経過し、ドコモ・au・ソフトバンクで分割購入した際の24回払いがそろそろ終わっているころではないでしょうか。

当記事では「iPhone 6s」「iPhone 6s Plus」のSIMロックを解除して、au系の格安SIM「UQモバイル」のSIMカードを使う方法を解説していきたいと思います。




3社のスマホはSIMロックが解除できる


さて、3社から発売された「iPhone 6s」「iPhone 6s Plus」はともにSIMロックの解除が可能なスマホです。例えば、ソフトバンクで買ったiPhone 6sのSIMロックを解除すればドコモのSIMカードで使えるようになります。

iPhoneに限らず、購入から101日が経過していればAndroidスマホやモバイルルーターもSIMロックの解除は可能です。当ブログではドコモのDM-01HをSIMロック解除した際のレポートを書いています。



なぜ、SIMロックを解除した方がいいのかというと、国内の他のSIMカード買って使ったり、海外でも現地のプリペイドSIMカードを買って使えたりと、より自由度の高いスマホの利用法ができるからです。また、中古ショップにスマホを売却する際にもSIMロックを解除していた方が高値で売れたりします。




「iPhone 6s/6s Plus」のSIMロックを解除する手順


24回分割払いが終わった「iPhone 6s」「iPhone 6s Plus」はまずSIMロックを解除しましょう。

th_IMG_5957


各社のSIMロック解除方法は以下の通りです。

最初に、必ずiPhoneのバックアップを取っておきます。SIMロックを解除の作業では最後にバックアップデータからの復元を行うことによって、SIMロック解除が完了するからです(ただ、他社のSIMカードをすでにお持ちの場合はSIMカードを入れ替えることによってSIMロック解除を完了させることもできます)。

NTTドコモ

  1. My docomoにログイン。
  2. 「ドコモオンライン手続き」>「各種手続き」内の「SIMロック解除」を選択
  3. IMEI番号を入力
  4. 「SIMロック解除を申し込む」にチェックを入れて、注意事項を確認し、「同意する」にチェック
  5. 「受付確認メールの送信先」に誤りがないか確認し、「次へ」
  6. 「手続きを完了する」を選択、完了
Softbank
  1. my softbankにログイン
  2. 「料金プラン/オプションの確認・変更」を選択
  3. 「SIMロック解除対象機種の手続き」を選択
  4. IMEI番号を入力
  5. 「解除手続きをする」を選択
  6. 「解除コード」をメモ(iPhoneは不要)し、「SIMロック解除方法をみる」を選択、完了
au
  1. auサポートページから「SIMロック解除お手続きについて」 > 「SIMロック解除可否の確認」を選択
  2. IMEI番号またはMEIDを入力
  3. ご利用になるau電話番号/IDを選択
  4. SIMロックを解除する機種を選択
  5. 内容を確認して「この内容で申し込む」を選択、完了

上記のとおりネットで申し込めば手数料が無料でできます。ただ、ネットで申し込むと自分でスマホ上での操作が必要になり、スマホに不慣れな人にとっては大変でしょうから、ショップでSIMロックを解除するといいです(手数料は有料)。



SIMロック解除後、他社SIM・格安SIMを使える


これまで24ヵ月間ずっと「分割が終わってないし〜」と思いながらドコモ・au・ソフトバンクを使い続けてきた皆さんの中には、通信料金そのものに納得のいかない人も少なくないはず。

そこで料金の安い格安SIMを「iPhone 6s」「iPhone 6s Plus」で使うことをオススメしたいです。

僕は2013年からずっと格安SIMを使用中。月額1,000円〜3,500円の間でスマホの通話や高速データ通信が利用できていて、以前よりも通信料金をグンと安く済ませられるようになりました。

通話通信エリアがドコモ・au・ソフトバンクとまったく同じなのに、安く使えるのが格安SIMの大きなメリットです。

SIMロックを解除すれば、もともとドコモで買ったiPhoneでもauで使えるようになります。つまり、au系の格安SIMも使えるってわけです!

ただし、格安SIMの場合は通信速度がやや遅いのがデメリット。特にランチタイムや通学・通勤時間など通信が集中する混雑時間帯には1Mbpsにも達しません。動画を見るのはきつい。。。毎日1〜2時間ほどの一時的ではありますが、速度の遅いときにその遅さを我慢できるかどうかが格安SIMを判断する材料になります。



速度も料金もサポートも良い「UQ mobile」


速度を気にする方に、ぜひオススメしたいのが「UQモバイル」。

UQ moibileは珍しいau系の格安SIMで、速いときには100Mbpsを超え、混雑時間帯でも10Mbps以上は出ています。

photo-12


料金は激安とまではいかないものの速度が速いのが魅力。そのせいか、格安SIMとは異なるセカンドキャリアと呼ばれたりもしています。

実際に僕が使っているUQ mobileで下り速度を計測したところ、安定して40Mbps前後で出ていますし、遅くても10Mbps程度。また、三重県の大台町で使っていたときには下り速度が100Mbpsを超えました。

通信速度が速いだけでなく、auショップのように街のなかにUQ mobileショップがあるため、サポートが受けやすいのも特徴です。

th_2018-01-21_1602





電話番号そのままでUQ mobileを契約する方法


UQモバイルへの乗り換えとSIMカードを契約する手順を解説していきますね。

今までと同じ電話番号をそのままUQ mobileで使いたいのであれば、乗り換え(MNP)しましょう。ドコモ・au・ソフトバンクなどのサポートセンターに電話し、「MNP転出」したいことを伝え、「MNP予約番号」を聞いてメモしてください。ショップでもMNP予約番号を効くことができますが、電話の方が早い場合が多いです。

続いて、UQモバイルのホームページから契約する際にSIMの種類を選びます。「iPhone 6s」「iPhone 6s Plus」に対応しているマルチSIM(nano)を選択すればOKです。

手元にUQ mobileのSIMカードが届いたら、あとはお手元の「iPhone 6s」「iPhone 6s Plus」にSIMカードを挿入し、使い始めることができます!

photo-21


なお、UQモバイルの支払い方法はクレジットカード払いのほか、口座振替も可能。クレジットカードを持っていなくても契約できるめずらしい格安SIMです。



プランMの1年めは月額2,980円、2年めでも3,980円の安さ


1ヶ月目〜2年間のUQモバイルの使用例でもっとも中間的なプランMの場合を解説すると、基本の高速データ通信容量は3GBですがこれが2年間は6GBまで使えて月額3,980円で利用でき、国内通話が何度でも5分間かけ放題。3年めからは3GBに戻りますが、24ヵ月は2倍の6GBまで使えるのはありがたいですね!

しかも最初の1年間は料金が毎月1,000円割引の月額2,980円となるのが嬉しい。UQモバイルは使い切れずにあまったデータ通信容量は翌月に繰り越し可能です!

ちなみにテザリングを使いたい人もいらっしゃると思います。「iPhone 6s」「iPhone 6s Plus」でUQ mobileの音声通話SIMを使う場合、しっかりテザリング可能ですのでご安心ください(データ専用SIMはテザリング不可)。

photo-15



おトクなキャンペーンが豊富!春までに契約するチャンス


家族割ならさらに500円安くなったり、学生なら3ヵ月の基本料金が0円でデータ通信料が2倍になったりするキャンペーンもあり、おトクなUQ mobileは非常におトクな格安SIMといえます。

さらに、もしこれから契約する人は2,000円のAmazonギフト券が絶対にもらえるキャンペーンも。

th_2018-01-21_15591


UQモバイルのサイトで契約後、こちらの紹介IDを入力すると必ずAmazonギフト券が送られてきます。この機会を絶対にお見逃しなく!(契約期限2018年3月31日まで)


▶ 紹介ID:AeMwaRJBSV


ぜひお持ちの「iPhone 6s」「iPhone 6s Plus」のSIMロックを解除して格安SIMに乗り換え、オトクになるキャンペーンを活用してみて長く安く利用してみてはいかがでしょうか。