photo-5

iPhone 7 / 7 Plus が発売となり、発売日に手に入れたラッキーな人は今ごろ使いまくっているころでしょう。僕はまだ届きません(笑)

ですが、先に届いた奥さんのiPhone 7 Plusを見たところ、もしかしたらiPhone 6s Plusで使っていたときのケースがそのままiPhone 7 Plusでも使えるんじゃないか?と、ふと疑問に思いまして、実際に並べてケースの再利用ができるか検証してみることにしました!

左が1年前に発売となった「iPhone 6s Plus」、そして、右が新しく登場した「iPhone 7 Plus」です。サイズはまったく同じ。

photo-1


唯一の懸念点はカメラです。iPhone 7 Plusは2つのカメラを搭載しているので、その分、ケースには空きスペースが必要ですからね。さて、細かくみていくと。。。(保護シートで汚れている部分はお許しを。。。)

photo-4


あぁ〜。やっぱりこれはダメだ(^_^;)

iPhone 7 PlusではiPhone 6s Plusよりもカメラが端に寄っています。

photo-4 のコピー
(手前がiPhone 6s Plus、奥がiPhone 7 Plus)



遠近法で手前にあるiPhone 6s Plusのカメラの方が幅があるように見えるのは仕方ありませんが、遠近法による効果を除外してもやはりiPhone 7 Plusのカメラは端に寄っています。

お互いにケースを付けた状態で見ても、これは再利用できないことがわかりました。

photo-3 のコピー


無理矢理iPhone 6s PlusのケースをiPhone 7 Plusで使おうとすると、カメラ部分を塞ぐことになり、大きな特徴であるカメラ機能を殺すことになってしまうので、iPhone 7 PlusにはiPhone 7 Plus用のケースを使った方がいいでしょう(^_^;)

photo-2


あぁ。せっかく香港ディズニーランドで買ってきたジェラトーニのケース(iPhone 6s Plus用)がiPhone 7 Plusで使えないなんてショックだ。。。おとなしくiPhone 7 Plus用のケースを探すことにします。