photo-60

USB Type-Cのみになって、一番困るのが拡張性でしょう。いくらUSB Type-Cが高速であらゆる機器のコネクタとして1種類で済む、といっても対応機種がまだまだ十分ではありません。そこで、USB Type-C変換アダプターと各種コネクタを備えたハブは必須といえます。

そこで、僕はMacBook Pro 13インチ(2017年版)を購入した際に、同時にUSBハブも買いました。

たくさんの種類があるなかで、これが一番いいだろう!と、スペックと自分の直感を信じて買ってみたのが「LETSCOM(レッツコム) USB-C ハブ」です。


photo-13


信頼性ならApple純正だけど、どっちにしろ使ってみてから判断すればいいと思いがあったので、高機能なのに価格が安い「LETSCOM USB-C ハブ」の購入に踏み切りました。

しっかり日本語マニュアルが付属していて安心して使えます。十分すぎるほど良くて、買って満足したのでレポートしたいと思います。

photo-16



便利な各端子をチェック!デザインはアルミ合金


まずは見た目のデザインから。MacBook Proをイメージしたアルミ合金仕上げで、ホワイトのケーブル部とあわせてApple製品との相性バツグン。カラーバリエーションはシルバーとグレーの2種類が用意されています。

photo-18


僕はMacBook Proがグレーなのに、うっかり間違えてシルバーの「LETSCOM USB-Cハブ」を買ってしまったのですが、まぁ〜いいか(^_^;)

こいつが備えている各コネクターはこんな感じです。
  • USB Type-C端子 × 1つ
  • USB 3.0(Type-A)端子 × 2つ
  • USB 2.0(Type-A)端子 × 1つ
  • SDカードスロット
  • microSDカードスロット
  • HDMI端子

一番汎用的な通常サイズ(Type-A)のUSB 3.0が2つと、USB2.0が1つあって安心できます。外部ディスプレイやプロジェクターにつなげるためのHDMIは4K・30fps対応。

photo-20photo-21photo-22


実際に使ってみると、USB3.0の外付けHDDを接続したときにはしっかりUSBから電源供給して駆動してくれました。レッサーパンダの動画編集をした際には助かった〜(^^)

また、先日レビューしたBenQの目に優しいディスプレイ「EW2770QZ」をHDMIでつないで使ってみましたが、ぜんぜん問題なく普通に使えていますよ♪

全部の端子に各ケーブルを挿してみると下のようなイメージになります。なかなかここまで同時に使うことはないと思うけどね(笑)

photo-26



軽量で、お値段が安くて、めっちゃ嬉しい!


こんなに拡張性があるのに、非常にコンパクトで軽い!重さはわずか68グラムしかありません。外へも持って行きやすいですね。

photo-24


気になる価格もリーズナブルで嬉しい!!

需給バランスからか、どうしても1万円近い高価格のものが多いUSB Type-Cのハブですが、なんと、「LETSCOM USB-Cハブ」は5,000円台後半と非常に安いのです!!それも決め手のひとつでした。

 → Amazonで「LETSCOM USB-C ハブ」の値段を見る



外出用途を想定して買ったものの・・・


ただ、僕がいつも「LETSCOM USB-Cハブ」を使っているかというと、そうではありません。むしろ、外出先ではまったく使わない!

外で心配なのは電源です。僕は常に持ち運ぶ用として、コンパクトな電源アダプターの「Anker PowerPort Speed 1 PD30」を買って使っています。これがほんとに大活躍!



一眼カメラのSDカード内に記録された写真ファイルをMacBook Proへ移すときには、昔から持っているUSB3.0タイプのSDカードリーダーに、別途USB Type-C変換アダプターを介して使っています。

photo-27


そう、ハブのほかにやっぱり小型のUSB Type-C変換アダプターはあると便利なんですよ。間違いない。

→ USB Type-C to Type-A 変換アダプター(OTG:USB On-The-Go 対応)

→ USB3.0対応 SDカードリーダー



自宅に置いておくと便利!多機能な電源ケーブルとして


拡張性の高さと本体の軽さを重視してこの68グラムの「LETSCOM USB-Cハブ」を購入したんですが、上のとおり、結局はこれを毎日持ち歩くことはほぼありません。完全に自宅用になっちゃった。実は外出先でそんなにハブを使う機会がなくて(笑)

じゃあ、「LETSCOM USB-Cハブ」は買わなくても良かったの?というと、そうじゃない。

現状では電源ケーブルと接続して、常にこの形でデスクに置いてあります。

photo-54


こうしておくと、なにも拡張せずとも普通に挿してMacBook Proの充電ケーブルとして使えるし、特にUSB-Cハブという意識をしないで毎日使っています。

で、SDカードやHDMIで外部ディスプレイを使いたいときには、このハブに接続すればすぐに使えるのがまた良いのよ!

だから、感覚としては電源ケーブルにSDカードやHDMIが挿せるようになった感覚。素晴らしいです!それが可能なのは「LETSCOM USB-Cハブ」を買ったからこそです。

photo-61


15cmくらいのケーブルが付いているので、ほどよくMacBook Proから離して使えるのもメリット。

おかげで煩わしいケーブル類を退けて気持ちよく作業ができ、本体の端子部やプラグに無理な負担をかけずに使える。よって、余程のことがない限りは接触不良の発生を心配しなくて済むんじゃないかな。

photo-62


たった5,000円台後半の出費でこれほどまでに拡張性が増し、一気にMacBook Proが使いやすくなりました。

僕のは自宅で使う用になっているけど、必要なときには外出先へも持っていけるし、1台あるととても便利!新しいMacBook ProやMacBookを手に入れて、こういったUSB Type-Cハブをお探しの方はぜひ検討してみてくださいね(^^)