photo-1

マクドナルドが2枚のビーフパティで玉子を隠してしまう!という意味で2017年9月29日から期間限定販売している「月食バーガー」。パッと見では新しいバーガーであることに気づかないかもしれません。月見と月食って一瞬わかりませんよね。。。(僕がそうでしたw)

二代目月見バーガーシリーズである「満月チーズ月見」「月見バーガー」「チーズ月見」が販売中のなか、突如第4の月見として登場したこの「月食バーガー」をさっそく食べてみました!

photo-2


月食バーガーは玉子と、月見バーガーと同じくベーコンが乗っており、チーズはありません。秘伝の月見ソースも同じで、月見バーガーとの違いはビーフパティが2枚乗っている点だけです。

photo-5


なので、味は変わらず。いつも通り肉が2枚になっただけです。ただし、ボリュームがあって満足度は高いです。

トータルの感想としては、通常の月見バーガーだとボリューム的に足りないなぁ〜という場合に月食バーガーを食べればいい感じですね。辛口な意見を言わせていただくと、特に新商品として大々的にCMを打つレベルの商品ではありません。気になる月食バーガーのカロリー数は513kcal。

photo-3



【秋の販売スケジュール】2016年のデータから2017年を推測


ここでマクドナルドが2016年の8月末から12月にかけて販売した商品(復活販売を含む)をサクッと見てみましょう。

・8月31日 月見バーガー
・10月5日 テキサスバーガー
・10月12日 ベーコンポテトパイ
・10月19日 ハロウィン魔女ポテト 紫いも&チョコソース
・11月2日 チーズカツバーガー
・11月16日 三角チョコパイ
・11月22日 カルビマック
・12月14日 グラコロ

といった流れで新商品を投入していました。

photo-10
2016年に電撃復活した「チーズカツバーガー」


見てみると、2016年の秋は細かい期間に新商品を出したり、復活商品を投入していましたね。

一方、2017年はすでに季節モノの月見を発売し、ヘーホンホヘホハイ(ベーコンポテトパイ)の順で来ているので、毎年冬の恒例であるグラコロ前に何らかの新商品(もしくは復活商品)を発売するのは容易に予想できます。

言い換えれば、マクドナルドが2017年9月6日に月見バーガーと同時に発売しなかった「月食バーガー」の役割は何かというと、小出しに発売することによって次の商品までの間をつなぐ“つなぎ役”。月見シリーズの販売期間は2016年も2017年もともに1ヶ月以上と他の商品と比べて長めです。

きっとマクドナルドは新商品の発売に向けて万全の準備を整えていることでしょう!さて、次の新商品は一体どうなるのでしょう?