この記事は、reviews(レビューズ)より依頼した企画です。

th_2016-12-15_1826-2

2016年、「VR(ヴァーチャル・リアリティー)」は間違いなく「神ってる」よりも流行していると思う@asuka_xpです。

VRとは一言でいうとあのグルっと360°見える映像を目の前で体験できるのがVRなのですが、360°全体を見る映像を撮るためには当然、全方位を撮影できるカメラが必要です。前後左右だけでなく、地面も空も撮れなきゃ全体を見られる映像にはならないからです。

そのようななか、ニコンがワンタッチで前後左右上下など全方位360°を撮影できるアクションカメラ「KeyMission 360」を2016年10月28日に発売しました!

photo-1


僕はKeyMission 360ですでにいろいろな場所で撮影してきました。今まで全方位撮れるカメラを使ったことがなかったせいもあり、すごく新鮮で楽しいから何十本も動画を撮っちゃった(笑)

撮影ボタンを押すだけで目の前の景色はもちろん、背後の様子や頭上の空、足元まで、360°の静止画・動画を撮れちゃう!!しかも、動画は4K UHD!フルハイビジョンの4倍にあたる高解像度で撮れるっていうヤツです。こんな感じで正方形のボディに2つの丸いレンズが付いてるの。

photo-20


撮った動画は当然YouTubeにアップできるし、視聴者は動画内の見たい方をグリグリと動かして見られるのだから凄い。まさにVRのためのアクションカメラと言っても過言ではないでしょう。

百聞は一見にしかず。まずはKeyMission 360で撮影したこちらの映像を御覧ください!



渋谷の「青の洞窟」で360°動画を撮影してみた


ちょうどクリスマスシーズンだったので、2016年11月22日から2017年1月9日まで東京・渋谷公園通りから代々木公園にかけて行われているブルーのイルミネーション「青の洞窟」を撮影してきました。それがこの動画です!

(動画の角度をぐりぐり動かせます。▶ 見られない場合はこちらを開いてください。)

青の洞窟は雨上がりで足元がすべるということで、一部分が通行止めになっていたのですが十分に青の洞窟を満喫できましたよ。暗いなかでの光のイルミネーションですからカメラの撮影条件としてはかなり厳しいものの、思っていたよりも幻想的な雰囲気で撮れていました。どうでしょう?青い光の中を歩いてるようでしょ?


旅先の思い出を、全方向撮って残す


三重県大台町を訪れたときの景色や体験民泊の屋内を360°撮影してきたのがこちら。

‖臑翊・宮川でSUPしているグループがいたので撮ってみました。正面は僕が映っているので、ぜひ動画の角度を変えて川の方を見てみてください!

(▶ 見られない場合はこちらを開いてください。)


∋粟ッダム前の大自然を撮りました。ぐるっと周囲を見てみて!

(▶見られない場合はこちらを開いてください。)


三重県大台町でブロガー5人で泊まった「体験民泊みくり」での屋内撮影。宿の様子を歩きながら撮りました。

(▶ 見られない場合はこちらを開いてください。)


KeyMission 360で撮った動画は後で高価なソフトで加工することなく、上のような動画ができあがります。すごい時代になりました(笑)今まで僕がブログでホテルや建物の内部を紹介するときには、複数の角度を撮った写真を何枚もブログに貼って記事を書いていましたが、KeyMission 360なら動画一本で済んじゃう!なんだ、もうこれでいいじゃん!



どうやって撮影したのかを解説!スマホでは映像を確認してから撮れる


本体に電源のON/OFFを兼ねた動画撮影ボタン、写真撮影ボタンが用意されています。すぐに動画を撮りたいときボタンをポンと押せばOK!撮影を終えたいときはもう一度押せばいいし、めちゃくちゃ簡単です。

photo-13のコピー


KeyMission 360には三脚穴があるため、僕はよくあるデジカメ用の小さな三脚に乗せて撮影していましたよ!ミニ三脚に挿して持った方が直接手で持つよりも安定して撮れるし、指がレンズを塞いじゃうこともないですしね〜。

th_IMG_3922


画面がないのにどうやって撮影した動画や写真を確認するのか不安に感じた人、ご安心ください!iOS・Android用の「SnapBride 360/170アプリ」がちゃんと用意されています。KeyMission 360のカメラがとらえた映像をスマホに映して確認してから撮影の開始ができ、リモコンのように操作できます。

th_IMG_3918


写真であれば自動的にスマホに取り込むことも可能で、動画は手動で取り込みます。やっぱりいろいろな人に見てもらいたいときにはSNSへのアップもできますので、面白い動画・写真が撮れたらSNSへシェアしましょう!

なお、KeyMission 360の設定もこのアプリから行います。撮影解像度や露出等の変更、自動取り込みの有無、Bluetoothペアリングなど、アプリでは細かな設定変更が可能です。

th_IMG_4169


360°動画はWi-Fiを使ってワイヤレスでスマホに取り込めるのですが、転送するのにちょっと時間がかかるな〜と感じました。もしパソコンを持っているのであれば、microSDカードをパソコンに挿してデータを移した方が早くていいでしょう!



Windows/Macアプリ「KeyMission 360/170 Utility」を使おう!


KeyMission 360で撮った写真や動画を見たり、動画を編集したりできるWindows用・Mac用のアプリ「KeyMission 360/170 Utility」が無料で用意されていて、ニコンのサイトからダウンロードできます。

th_2016-12-15_1754


撮影データが大きかったりスマホで閲覧しづらかったりするときには、素直にデータをパソコンへ移して「KeyMission 360/170 Utility」で見た方が手っ取り早いです!マウスでドラッグしながらグリグリと写真と動画を楽しめるほか、簡単な編集ならあっという間にできちゃう。

動画の編集は前後の不要なシーンをカットできるトリミングや、動画から写真を切り出すフレーム保存、動画にBGMをつけたり、フェードイン・アウトなどのエフェクトが追加可能。僕が上でご紹介した動画は全部「KeyMission 360/170 Utility」だけ編集したものです。



写真や動画はNIKON IMAGE SPACEへアップ!ブログにも貼れる


NIKON IMAGE SPACE」は誰でも利用できるオンラインの写真・動画用ストレージです。2GBのベーシックプラン、ニコンのユーザーであれば20GBのNikon IDプランが利用可能です。どちらも無料。

th_2016-12-15_1821


HTMLの貼り付けるコードを発行できて、ブログに使用することができます。

th_2016-12-15_1826


「NIKON IMAGE SPACE」にアップした写真はこんな感じでブログに貼り付けられます!クリックでグリグリできる。↓


鳥取県の圓流院にある天井画は水木しげる先生が描いたもので、これは360°で撮りたかったんです。面白いですよ!


また、360°動画のアップロードにも対応しています。



転送速度の高速なmicroSDカードがおすすめ


着脱可能なバッテリーとmicroSDカードは同じ側面のカバーを開けて入れます。バッテリーは本体にmiciroUSBケーブルを挿して充電するタイプ。バッテリー駆動時間はフル充電時で約1時間10分もの連続動画撮影が可能。写真では約230枚を撮れます。

photo-12


参考までに、KeyMission 360の撮影データは何MBあるのか挙げておきましょう。360°写真のサイズは1枚で約13MB。4Kの360°動画では1分あたり約600MBになります(あくまでも目安で)。

4K動画やフルハイビジョンの動画は撮影しながら常時ものすごいデータ量をmicroSDカードに書き込むので、転送速度の速いmicroSDカードの使用をオススメします。

photo-5


僕は書き込み速度最大95MB/sの64GBあるmicroSDXCカード(UHS-1・U3対応)を購入。これはSanDiskが4K UHD対応をうたっているmicroSDXCカードで、旧型のmicroSDからこれに買い替えて撮影しました。めっちゃいいですよ、これ♪



安心の防水・防塵・耐衝撃・耐寒ボディ


そうそう、KeyMission 360のボディはケース不要で水深30mで撮れる防水性能を備えています。2mの落下にも耐える耐衝撃性能や-10℃の寒冷地でも撮影ができる耐寒性能もある!そして、粉塵や砂塵をカメラ内に侵入させない防塵性能だってありまして、もう無敵のアクションカメラなんです。

photo-6


ダイビングやシュノーケリング時に全方位360°撮影できるし、スキーやスノボーといった雪山の寒い場所でも安心して使えるのは嬉しい限り。

ボディのサイズは約65.7×60.6×61.1mm(レンズプロテクター装着時)。重量はバッテリーやmicroSDカードを含んでも約198g。



HMDで撮った後も楽しめる!


試供品としてヘッドマウントディスプレイ(HMD)が付いていました。ダンボール製の自分で組み立てるHMDなんですが、ここにスマホをはめ込んで手軽にVRが楽しめるというものです。

th_IMG_3973


試してみるまでは、え?ダンボールでHMDなの?!と思っていたんだけど、組み立ててスマホを挟んで動画を再生してみるとこれがヤバイ(笑)

th_IMG_3979


自分で撮ってYouTubeにアップした360°動画をスマホで再生し、あとは見たい角度に頭を傾ければまるで自分がその場にいるかのような臨場感を体験できる!そう、これぞVR!ヴァーチャル・リアリティーですよ!!YouTubeには他人がアップした360°動画がいろいろありますので、このHMDがあれば楽しみが倍増します!

th_IMG_3975


360°動画・写真を他人に見せたいときにはSNSのFacebookに直接アップすると、タイムライン上での再生が可能です。なので、友達と遊びに行った映像や家族旅行の写真なんかをFacebookに上げれば、すごく簡単に360°映像が楽しめていいぞ〜!

th_IMG_4167



アクションカメラKeyMission 360のまとめ


さて、鳥取県の圓流院や三重県大台町の大自然、東京・渋谷で見てきたイルミネーションをニコンの「KeyMission 360」で撮り、その映像をブログにてご紹介させていただきましたが、いかがでしたでしょうか?正直、360°映像を初めて見たという人も少なくないでしょう。今ではこうやって個人で簡単に立体感のある動画が撮れちゃうので、僕も素直に驚きました。

今回、ボディを保護するシリコンジャケットやKeyMission 360を物に固定するベースマウントなどは製品版に付属してきます。買ってすぐに撮影できるので安心です!

photo-3


お値段は約6万6千円と決して安い買い物とは言えませんが、4K画質で撮れる高画質なアクションカメラですし、防水だったり頑丈な作りになっていますので、普通のビデオカメラと違う面白い映像を撮りたいな〜と思っている方はぜひ「KeyMission 360」を検討してみてはいかがでしょうか!