photo-21

サッカーの長友佑都選手が出演し、宙吊りになった電動シェーバーで髭剃りしてるCM動画知ってます?あれ、すごく印象に残ってて、CMを見たときはマジかよ!ってほんと衝撃的でした。

機種は「フィリップス 9000シリーズ S9731/33」っていう、フィリップスの電動シェーバーのハイスペックモデルなんです。



価格はAmazonで33,280円、ビックカメラでは36,968円(3,696ポイント付き)で販売中の機種。

フィリップス 9000シリーズ S9731/33
by カエレバ


今回、フィリップスアンバサダーの企画でこちらをご提供いただきレビューすることになりました。当ブログでは2週間ほど使ってみた感想をお届けしたいと思います。

さて、僕にとって初めての電動シェーバーなんですが、「フィリップス 9000シリーズ S9731/33」は本当にキレイに剃れるのでしょうか?不安だなぁ〜。

photo-40



豊富な付属品とシンプルな本体ボタン


付属品を見ていくと、充電アダプタ、洗浄充電器、クリーニングカートリッジ、ヒゲスタイラー、収納ケース、洗顔ブラシヘッド、 洗顔ブラシ保護キャップ、保持板ホルダー、スタンド、取扱説明書、購入証明書(グローバル保証用) 。ちなみに、保証期間は2年とたっぷり。

photo-2


photo-44

なお、電源ボタン、回転レベルの調節ボタンだけのシンプル設計。レベルは3段階に変更可能です。敏感肌の人は弱い回転で、時間がないときや濃い髭を集中的に剃りたい時は強い回転にすると良いです。


髭剃りシーン豊富でレビュー!実際に使ってみた


photo-20

実際に使ってみるとヘッド部分がぐりぐり動き、顎の形に合うよう傾きます。安価なヘッドの動かないタイプの電動シェーバーだとその都度シェーバーの角度を変えて何度も剃らなきゃいかないんだろうな〜と想像すると、「フィリップス 9000シリーズ S9731/33」の傾くヘッドは偉い!この恩恵は絶大。

これまで20年くらいT字カミソリを使い続けてきた僕にとってこれが初めての電動シェーバーとなるので、コツをつかむまでに3回くらいかかりました。72枚の刃がぐるぐる回って髭をしっかり切ってくれる!

photo-19


でもね、髭を深剃りするならやっぱりT字カミソリには敵わない。そりゃ、ダイレクトに刃を肌に当てるんだから、T字カミソリは最高に剃れますよ。

とはいえ、「フィリップス 9000シリーズ S9731/33」は電動シェーバーとして高く評価したいです。

剃れます!

こちら、顔の半分だけ髭を剃ってみた写真を見てほしいのですが、左が「フィリップス 9000シリーズ S9731/33」で剃った部分、右がまだ剃っていない部分です。

photo-45
(写真左が「フィリップス 9000シリーズ S9731/33」で剃った部分)


どうでしょうか?この違いを見れば、電動シェーバーでもここまで剃れるのか!とわかってもらえるはず!

〆に、昔よくテレビCMで見たアレをやってみました(笑)電動なのにこんなにしっかり髭が剃れてる!

photo-52


さっき言ったとおり、何度か使っていくうちにコツがわかってきて、前日よりも剃れた感が実感できるんですね。ぐるぐる弧を描くように回転させながら剃ったり、顎の横の骨が凹んでいるあたりは縦方向に剃ったりとか。きっと、今日の自分は昨日の自分よりも剃れる!っていう変な自信とともに髭を毎朝剃っています!

photo-48


そして、やっぱり安全!絶対に肌を斬ることがないし、出血も心配しなくていいのは最高です。T字カミソリでは嫌なくらい肌を傷つけながら剃ってたし、僕の人生のほとんどはカミソリ負けに悩まされてきたもん。そのリスクがまったくのゼロになったのだから、ハッピーな気持ちで外出できます♪



防水でお風呂や泡もOK!静音で音も気にならない


防水仕様になっていて、お風呂で髭を剃る習慣のある人も安心です!

それと、市販されている髭剃り用の泡(シェービングフォーム)を付けても使用可能。顔を濡らしてから泡を付けて、あとは普通に剃ります。何度か水で流して刃についた泡を取りながら剃ると、すごく剃りやすかった!

photo-60


個人的には何も付けずに剃るよりも、泡を付けて剃った方が深剃りできたし、気持ちよく剃れました。

そうそう、剃ってるときの音はそんなに気になりません。駆動音はキーンっていう音程の高めの音です。もっとウィ〜ンっていう低めのモーター音のうるさいだろうなと思っていたのに、「フィリップス 9000シリーズ S9731/33」は静か。おかげで早朝でも気兼ねなく使えます!



バッテリーの充電やお手入れ方法は?


本体ディスプレイにはバッテリー残量が表示されるので、充電するタイミングがわかります。充電する際には充電ケーブルを本体に直接挿して充電するか、洗浄充電器に装着しても充電できます。

photo-24


1時間ほどでフル充電。連続使用時間は60分をうたっています。実際に使ってみると1回あたり10%くらいの電力量を消費する印象。1日に1回剃っている僕の使い方だと、1度の充電で9〜10日は使用できています。これなら長めの旅行でも安心して持っていけそうです!

ただ、↓のようなシンプルなスタンドが付属してくるんですが、これは単なるスタンドで充電機能はありません。一番よく使いそうなスタンドだから、これにも充電機能があると良かったんだけどなぁ。

photo-25


また、お手入れ方法についても解説しておきます。洗浄マーク(蛇口のマーク)が出たらそろそろお手入れした方がいいってこと。非常にわかりやすいです。

photo-58


お手入れ方法は水洗い、もしくは、クリーニングカートリッジを使う専用の洗浄充電器に装着して洗浄、の2パターンあります。

,論菽爾離罐縫奪箸鯤解。とはいえ、カチッと外れるのでそう難しくはありません。あとは水道で刃についた細かなカスを洗い流し、よく乾燥させれば完了。

photo-56


△鷲嫗阿寮浄充電器に直接本体を装着すると、すぐに自動的に洗浄が行われ、乾燥までやってくれます!洗浄は10分ほど。乾燥は6時間くらいかかります。洗浄液は交換のサインが出るまでは何度も使用可能。髭剃りを清潔に保てるのは嬉しいなぁ!いつもは水で洗い、たまに洗浄充電器でしっかり洗う、っていう使い方がベストかなと思います。

photo-63


収納ケースも付属し、旅行や出張時にも携帯しやすいですよ。

photo-15


ということで、いかがでしたでしょうか?オッサンの髭ヅラを見たくなくてそっとページを閉じた人は少なくないと思いますが、真剣に電動シェーバーの導入を考えている人にとって参考になったら嬉しいです。



まとめ:9000シリーズは使える電動シェーバー!


まとめると、「フィリップス 9000シリーズ S9731/33」はT字カミソリにはやっぱり負けてしまうけど、電動シェーバーとしては十分に使える機種だと感じました。水洗いも携帯もでき、バッテリーも長持ちなので非常に気に入っています!次に旅へ出掛けるときは必ず持って行きたいです(^^)

photo-1


フィリップス 9000シリーズ S9731/33
by カエレバ


また、フィリップスアンバサダーになるとブログやSNSを活用したモニター体験、イベント等への参加ができます!フィリップス製品が好きな方はぜひ登録してみてはいかがでしょうか。