ちょうどお花見シーズンど真ん中となった2017年4月16日、奥さんと仙台を一泊二日で旅行をしてきまして「西公園 櫻岡花見」へ行ってきました!

牛タンやずんだ餅を食べたり、仙台駅を中心に観光を楽しんだりする計画ももちろんありなのですが、開業したばかりの仙台市地下鉄 東西線に乗って足を伸ばすのもオススメですよ。



仙台で桜を見るならアクセス抜群の西公園


そこで、今回は仙台駅から東西線でわずか2駅(所要時間4分)の大町西公園駅へ移動し、「西公園」で見事に咲く満開の桜を見てきました。こういった旅行でもミラーレス一眼カメラの「Canon EOS M5」は小型で軽量だし、ほんと旅行にはピッタリ。キレイに咲く桜の写真をたっぷり撮ってきました!





西公園は仙台市都心部の西部を流れる広瀬川の左岸にある都市公園です。以前は桜ヶ岡公園という名前でしたが、現在は西公園が正式名称になっています。



仙台市交通局が運営する地下鉄東西線が2015年12月6日に開業し、仙台駅からはわずか2駅(所要時間4分・運賃200円)と好アクセスなので、僕たちのような旅行客も気軽に行くことができました。しかも、駅の出口からすぐ目の前が公園!素晴らしい。



ちなみに、土日祝日ならたった620円(平日は840円・小人は半額)で乗り放題の一日乗車券がおトクだったよ♪この後に行った八木山動物公園の入園料も100円安くなるなどいくつかの施設割引が受けられるので、一日乗車券はほんとオススメ!

th_写真 2017-04-16 10 02 15



西公園の桜写真


2017年は桜が遅めだった東京ですが、仙台はそれよりも1週間くらい後がお花見シーズンといった印象を受けました。おかげで今回の観光スケジュールにピッタリだったわけですが(笑)



「西公園 櫻岡花見」はレジャーシートを広げてお花見を楽しむ人がたくさんいたものの、ぎゅうぎゅうでいっぱいということはなく、程よくスペースが空いていてちょうどいい賑わい!屋台も多くて、歩きながら桜祭りを楽しめました。



奥さんはしだれ桜が好きみたいで、しだれってる!しだれってる!を連呼。なんだそれ(笑)

夕方以降になるとライトアップもされるようで、夜も楽しめそうですよ!



お花見に合わせて開催されたフリーマーケット的なイベントにはたくさんの人が訪れていました。お花見ついでに何かやってる!ってノリでついつい足が勝手にフリーマーケットへと向かっちゃった。



こういったイベントを人が集まるお花見の時期に合わせて同じ場所で開催することで集客できる仕組みに、なるほどな〜と感心しました。こういったダブルイベントは他の地域でも祭りの盛り上げ施策として何か良いヒントになるかも!?



天気が良くて4月の仙台にしては25度前後と汗ばむ陽気だったこの日、春の風を心地よく感じながら、公園内に咲く桜の撮影を楽しめました。



たっぷり公園内に咲く桜を見られる仙台西公園。車なしでも行けるし、観光にオススメのスポットだと思いました!

【使用カメラ・レンズ】
Canon EOS M5
EF-M22mm F2 STM