何度か当ブログでも書いている実家(埼玉)の巨大な家庭菜園。父と母は家の前で無人販売をしたり、わりとプチ農業的に楽しんでいるそうです!(笑)

実は先日、一般の人が既存の農地を借りて家庭菜園を楽しめる「シェア畑」の存在を知りました。なんと、農具はすべて用意してくれる!!自分で土地を持たなくても畑で野菜づくりができる貸し農園で、芸人・アンジャッシュ渡部がアメトーーク!(大根ありがとう芸人)で紹介していたやつです。



種や苗、肥料は用意してくれるし、スコップや鎌など農具もすべて準備されているので、手ぶらで農園に行って農作業ができちゃう。しかも、防虫ネットや支柱など資材だって常備されているので、何も持っていかなくてもいいわけ。まるで手ぶらBBQみたいですね〜(*´∀`*)




気になるシェア畑の場所ですが、東京、神奈川、埼玉、千葉、大阪、兵庫にあります(2017年3月現在)。すでに10,000人以上が利用しているそうで、畑によっては満員のところもチラチラとある!すごい人気。豊洲とか湾岸エリアにないのが悲しいけど、都内だってたくさんのシェア畑があるので一度チェックしてみてくださいね。


(イメージ)


料金は農園によって異なり、たとえば、調布深大寺「内野体験農園」は3平方メートルで月額5,371円、6平方メートルで月額8,149円で利用できます!友達とのシェアも可能なので、広いな〜と思ったら共同利用がオススメです。

基本的には1週間に1度、雑草取りや世話をしながら野菜の成長を見守ることになるのですが、それすらもできない人へは栽培代行サービスもあるんだとか!う〜ん、でもせっかく畑を借りるなら自分で世話をして育てなきゃね。。。

春・夏はトマト、きゅうり、ピーマン、ナス、にんじん、カブ、とうもろこし、スイカなどを作付けするようなスケジュール。秋・冬には白菜とか大根、さつまいもとか!年間15種類以上の野菜を作ることが可能。


(実家の巨大家庭菜園で栽培したジャガイモがこれ)


オススメなのはすべて無農薬で野菜を作れるという点。やっぱり、自分で作るから安心・安全なのが目に見えてわかります。病害虫に強い品種の野菜だそうで、無農薬でもしっかり育つんだとか!小さいお子さんのいるご家庭は特にお子さんには安全な野菜を食べて育ってほしいでしょうし、種をまいたら週に1度の雑草取りなど簡単な作業でいいから労力もそんなにかかりません。

シェア畑はコスパで考えるのではなく、野菜づくりを楽しむ家族内の一つのレクリエーションとしてお子さんも一緒になって土いじりをするのが良いと思います♪それに、これから暖かくなるし、野菜や果物を作るにはちょうどいい季節!

まずは、農園が近くにあるのか、その農園はどんな環境なのかを調べるといいでしょう。シェア畑ではすべての農園を無料で見学でき、菜園アドバイザーの人からいろいろな野菜の育て方やシェア農園の利用方法を教えてもらうことができます!シェア畑のホームページから無料見学の予約ができますので、こちらもどうぞ♪