北海道の知床半島・羅臼(らうす)町で行われる知床岬クリーン作戦に参加し、ブログレポーターとして参加している@asuka_xpです!

羅臼は漁師町。なかでも「羅臼港」はさまざまなお魚が水揚げされるだけでなく、観光船の乗り場もあり、この街を訪れる観光客にはぜひとも足を運んでもらいたい観光スポットです。今回は羅臼で楽しめる観光の1つ、ホエール・ウォッチングを体験してきましたのでそのもようをお伝えしたいと思います。



羅臼港から観光船に乗ってクジラを間近で見る!


5泊6日の間ずっと宿泊させていただくホテル「羅臼の宿 まるみ」を株式会社まるみは観光船の運営もやっていて、約2時間半のクルージングではホエール・ウォッチングが楽しめる!運が良ければミンククジラやマッコウクジラ、シャチ、イシイルカが見られることも。

ということで、クジラが見られるといいな〜と願いつつ、羅臼港へと向かいました(羅臼港の住所は北海道目梨郡羅臼町船見町6)。ちなみに、羅臼港のすぐ隣の場所には羅臼市場があります。



さて、普段は9時に出港する観光船ですが、この日は8時30分に出るという連絡がありました。当日の運航情報はホテルの朝食時に館内アナウンスで知ることができましたが、ホテルの従業員さんに尋ねる方が確実でしょう。

こちらが羅臼港。



ホエールウォッチング船にはここから乗ります!道の反対側に受付所があり、そこで乗船名簿に名前等を記入。
ホエールウォッチングクルーズの料金は大人8,600円、小人4,300円、幼児無料。



5月下旬といえども海上は10度以下ですし、超寒いので知床の寒さを侮ってはいけません!!僕たちは真冬の防寒対策をして船へ。さらに、無料で救命胴衣と厚手のレインコートを借りることができ、これが冷たい風を防いでくれて大活躍!あとは手袋と耳あてがあれば完璧(笑)まぁ、そのくらい寒かったのです。



出発直後にレクチャーを受けると、どことなく緊張と期待が。



さて、約2時間30分の海上観光の始まり始まり〜♪乗った船はアルランIII世。けっこうキレイで、下の階には温かい休憩ルームやトイレもあります。

th_写真 2016-05-27 11 01 33



イルカの群れに遭遇!




出港して30分ほどすると、突然、イシイルカに群れに遭遇!え?え?と言ってる間に通りすぎてしまい、僕は残念な写真しか撮れませんでしたが、板倉さんの動画がよくわかりやすいのでブログで使わせてもらいますね♪

【動画】





ついにそのときが!珍しいシャチの大群が現れた!


それから再びしばらく船を走らせると、奥の方に別の船を発見。どうやら何かがいるようで、それを見るために停まっているもよう。



あ、確かに海上に何かいる!シャチです!



海では最も恐ろしいと言われる最強のシャチです。



そのとき、僕たちの船の横にもシャチが現れました!



前方と横にもいて、完全にシャチの群れのなかに船がいる形に。す、すごい。



どんどん近づいてきます!



曇りだった空からちょうど晴れ間が見え始めたときにシャチがたくさん姿を現したんです!

最終的には2〜3家族の50頭くらいが出現!船員の方にお話を聞いてところ、こんなにたくさん見られる機会は滅多にないんだとか。



背びれが真っ直ぐ垂直に伸びているのがオスで、弓のように丸みのあるのがメス。
こちらはお母さんとメスの子どもでしょうか。



船のエンジンを止めると、シャチの息の音?がシューっと聞こえ、とても神秘的!




知床の海ってこんなにもシャチに出会うことができるですね。正直、テレビ番組でいろいろな動物に会いに行く企画とかやってますが、そう簡単に会えないものばかりじゃないですか。でも、こうやって初めて訪れた知床の海でいきなりこんなシャチの大群を見られるなんて感激しました!運が良かったと言えばそれまでですが、ラッキーはこの知床で起こったのです。もう知床、大好きですよ(笑)めっちゃ楽しい!!

そうそう、シャチはスーッと速く泳いで行ってしまうものだと思ったら、けっこうゆっくり泳いでいて、何十分もその場でシャチを観察することができました。一眼カメラで写真もたくさん撮れたし、スマホに持ち換えてInstagramで動画を撮る余裕すらあったもん(笑)でも、うっかりしててディズニー専用アカウントの方にアップしてしまった僕(^_^;)

【動画】

シャチ、キタ〜!!!! #知床岬クリーン作戦

Asukaさん(@asuka_xp_disney)が投稿した動画 -




参考までに、携帯電話の話をしておきますと、ドコモの電波はほぼずっと高速通信のLTEで接続でき、問題なく使えました。オホーツク海のド真ん中でもドコモ回線のFREETELは下り速度(受信)13Mbps・上り速度(送信)5Mbps出ていることを確認。その場で写真をInstagramにアップしたり、短い動画をFacebookに上げることもラクラクできましたよ。

シャチを見ることができた場所はこのあたり。羅臼と国後島のちょうど中間点よりもやや羅臼寄りの位置です。
th_13282742_10209305204047883_1462639672_o


ちょうどここから先(国後島寄り)に進むと怒られちゃうエリアだったのですが、僕たちはギリギリその手前の場所でシャチを見ることができたわけです!



羅臼でホエール・ウォッチングをする際の格好とカメラ装備について


th_写真 2016-05-27 8 59 49

やはり5月下旬でもめちゃくちゃ寒いので、長袖シャツの中にユニクロのヒートテックを着て、さらにユニクロのウルトラライトダウンを着て行きました。さらに乗船の際に無料で貸してくれた風を通さない厚手のレインコートを着たら体はぜんぜん寒くはなくなったです。一方、耳や手などの肌が出てる場所は寒くてヤバかったです。。。もし、ホエール・ウォッチングで観光船に乗るときには手袋や耳当ての準備もしておいた方がいいでしょう。

th_写真 2016-05-27 9 00 13


カメラはやっぱりクジラが見られるということで、ズームに強いコンパクトデジカメを持っていくか、一眼カメラは最初から望遠レンズで。スマホはズームが弱いので写真よりも動画の方がいいですね!ただ、誤ってスマホを海に落とさないようネックストラップがあると安心です。

僕はミラーレス一眼カメラの「Canon EOS M3」に望遠ズームレンズの「Canon EF-M55-200mm F4.5-6.3 IS STM」を装備。35mm換算で320mm相当ですから、グッと寄れて良いですよ♪



初めて間近で見たシャチ。アイヌの人にとってシャチは神様なんだそうです。最強の肉食獣といわれるシャチですが、恐ろしい様子はまったく感じられず、むしろのんびり泳いでいる姿がすごく可愛かった!運が良ければ巨大なナガスクジラも見られるそうで、ぜひまた来たいな〜と思いました!


【羅臼港 ホエール・ウォッチング観光船まるみ 乗り場】
株式会社まるみ(アルランIII世)
住所:〒086-1816 北海道目梨郡羅臼町船見町6(羅臼港)
電話番号:01538-8-1313(羅臼の宿まるみ)


関連:[北海道] 一度は訪れてみたかった知床の羅臼に来ています! #‎知床岬クリーン作戦
関連:900円は安い!東京・銀座〜成田空港の高速バス「アクセス成田」(Wi-Fi・電源つき)、銀座の乗り場はここ
関連:新千歳空港からススキノへの移動はバスが安くて楽だ!電車より500円も節約可


【使用カメラ・レンズ】
ミラーレス一眼カメラ Canon EOS M3
Canon EF-M55-200mm F4.5-6.3 IS STM
・一部iPhone 6s Plus