photo-2

ここ最近はスマホでも十分キレイな動画が撮れるようになりましたよね。フルHDで60fspの滑らかな動画はやっぱり見る側としても気持ちいい!

しかし、やっぱり歩きながら動画を撮ってると、上下のブレが気になっちゃうんだよね。。。

そんな手ブレを押さえてヌルヌルとしたスムーズな動画を撮れる便利なアイテムがあるんですよ!スタビライザーっていうやつです。またはジンバルとも呼ばれていますね。

th_P_20170713_132547_vHDR_Auto



実は今回、サンコーレアモノショップさんからスマホで使える高性能のスタビライザー「3軸32bit電子制御カメラスタビライザー(3XSTBL2R)」をモニター提供いただき、さまざまな場所で動画を撮ってみました!




もうね、すごく魅力的でずっと前から欲しかったんですが、これさえあればスマホでの動画撮影が何倍も良くなる!ガチですごいの!

たぶん、文章で説明するよりも見てもらった方が理解してもらいやすいはずなので、まずはぜひこちらを見てください。



どうですか!?まるで空中を低空飛行しながら撮影したかのようなスムーズに移動する映像。これが手ブレを電子制御してくれるスタビライザーの威力です。

th_P_20170713_165143


しかも3軸の32bitの電子制御だから従来品よりも精度が上がってるので、より手ブレを押さえてスムーズな動画が撮れる!前後、上下、左右の傾きに対し、3つのヒンジがそれぞれ動くようになっていて、要するにカメラの揺れをスタビライザーが打ち消してくれるってわけ!




各操作ボタンやバッテリーなどをチェック!


それでは「3軸32bit電子制御カメラスタビライザー(3XSTBL2R)」を具体的に見ていきましょう。

photo-1


充電式のバッテリーで動き、電源のオン・オフはサイドのボタンで行います。



また、microUSB端子があってファームウェアのアップデート時はPC・Macとつなげてここからできる。



正面の握ったところの親指位置にジョイスティックがあり、上下左右・押し込むことで軸の角度変更(チルト、パン)ができたり、モード変更ができます。




底には三脚穴。



バッテリーは充電池。まだフルで使ったことはないけど4〜5時間は持つみたい。USBで充電できる充電器が付属しています。充電バッテリーは専用のじゃなくて普及している“18350”っていうバッテリーだからAmazonとかで1,500円程度で買い足せるのが嬉しい!



バッテリーはグリップの底から入れます。



取り付けられるスマホはiPhone 7 Plusとか大きめのスマホにも対応。ケースを付けた状態のiPhone 7 Plusでもいけます。



専用アプリでアクティブトラッキングができるDJIのOsmo mobile(オズモモバイル)と違って、専用アプリはなく、アクティブトラッキングはできません。でも、37,000円くらいして高い。

一方、サンコーレアモノショップの「3軸32bit電子制御カメラスタビライザー(3XSTBL2R)」は通常29,800円で販売しているんですが、今だと19,800円で買えちゃう!重さは420gでスタビライザーとしてはかなり軽い方。ずっと持っていても疲れにくくてイイね!

それでいてこんなふわふわっとした映像が撮れるのですから、コスパ良すぎです!下の動画ももちろん僕が撮りました。



保証期間は12ヶ月間としっかり。

サンコーレアモノショップは他にもたくさんの魅力的なガジェットをたくさん扱っていて、サイトを見ているだけで半日時間を潰せます(笑)

最後に、スタビライザー無しで撮った映像とスタビライザー有りで撮った映像を比較した動画を用意しましたので、こちらもぜひチェックしてみてください。




1万円引き!憧れのスタビライザーを手に入れるチャンス!


今まで動画撮影に興味がなかった人もスタビライザーをつけてスマホで撮ってみると、一気に興味が湧くかもしれない!何か良いスタビライザーはないかな〜と探していた人は「3軸32bit電子制御カメラスタビライザー(3XSTBL2R)」をめっちゃオススメしますので、ぜひチェックしてみてください!



サンコーレアモノショップでは“スタビ祭り”を実施していて、通常29,800円のところ1万円引きの19,800円で販売中!今がチャンスですよ〜♪

サンコーレアモノショップの公式サイトのほか、楽天市場のサンコーレアモノショップ、以下のAmazonのページでも販売中です(^^)