th_IMG_0460_2

台湾で2017年3月に新しくできた空港アクセス用の地下鉄「桃園空港MRT」に乗って、桃園国際空港から台北駅まで移動した際のレポートをお届けしたいと思います。

桃園空港MRTは「桃園機場捷運」と表記しますので覚えておくといいでしょう!それでは桃園国際空港でのMRTの乗り場、料金、所用時間、きっぷの買い方などを解説します。



桃園は台北の中心街から離れているので、まずは台北駅へ移動しよう!


桃園国際空港は台北の中心から離れた場所にあるため、台北の中心街へ移動するには、高速バス、桃園空港MRT(地下鉄)を利用することになります。

高速バスだと安いですが、それでも1時間程度の所要時間がかかります。
一方、MRTは2017年3月に新しく完成したばかりで、桃園国際空港から乗り換えなしで台北駅まで直接行くことができ、所要時間は30分ちょっとと早いのでオススメです!

th_IMG_0463_2



桃園国際空港から台北駅への移動はMRTが便利


2017年5月に台湾を訪れた際に、ぜひ桃園空港MRT(地下鉄)を利用したい!ということで、桃園国際空港からMRTに乗って台北駅まで移動することにしました。

th_IMG_0468_2



桃園国際空港〜台北駅の所要時間は約30分


僕が乗ったのは桃園国際空港の「第1ターミナル駅(A12)」です。ここから台北駅までの乗車時間は30分ほど。快速や普通列車のどちらに乗っても大丈夫で、僕はうっかり普通列車に乗ってしまったのですが約40分でした。なので桃園国際空港(第1ターミナル駅)から台北駅までの所要時間は30分〜40分くらいと思っておけばOK。

th_IMG_0450



桃園空港MRTの乗り場


MRTの駅は空港内にあり、建物の外に出ることなく駅まで歩いて行けます。だいたい10分くらいあれば駅まで行けます。

8時45分に桃園国際空港に到着後、入国審査や両替を完了したのが9時ちょうどでした。桃園空港MRTは「桃園機場捷運」と表記します。この案内にそって進めば簡単に乗り場までたどり着けますよ!

th_IMG_0447


エスカレーターで2つ降りると桃園国際空港の「第1ターミナル駅(A12)」です。

th_IMG_0449


th_IMG_0450


ホームに着いたときにちょうど列車が行ってしまったので、1本待って、9時23分に来た列車に乗車できました。



桃園空港MRTの乗り方・きっぷの買い方


桃園国際空港(第1ターミナル駅)から台北駅までの乗車にかかるMRTの料金は片道160元(NTD)です。600円強といったところ。

th_IMG_0453


日本の駅と同じように、MRTの改札近くに自動券売機があり、ここできっぷの購入ができます。また、SuicaやPASMOのような台湾独自の交通系ICカードタイプの電子マネーもあり、台湾では地下鉄やバス、コンビニでの買い物など、やはり日本のように多くの場所でICカードでの支払いが可能。頻繁に地下鉄やバス、買い物をする人はICカードをゲットした方がいいでしょう。

ちなみに、僕はそこまで頻繁に利用しないと思ったので、駅ではその都度きっぷを買っていました。

さて、桃園国際空港(第1ターミナル駅)でMRTきっぷを買う方法ですが、乗車券は左の紫色の自動券売機で買います。

th_IMG_0455_2


日本語も選べるので安心。

th_IMG_0457


行き先ときっぷの購入枚数を選んだら、お金を入れます。桃園国際空港(第1ターミナル駅)から台北駅までの料金は片道160元(NTD)。

なんと、きっぷはコイン型!これが乗車券です。そのあとにおつりが出てくるので忘れずに取ること。

th_IMG_0459_2


自動改札機にコイン型の乗車券をタッチして使います。タッチするとゲートが開いて改札内へ。

th_IMG_0461_2


下の階がホーム(「月台」)です。台北駅方面は2番乗り場。

th_IMG_0462

th_IMG_0464 2



桃園空港MRTの運行本数


列車はだいたい15分ごとに運行しています。慌てずに1本待って乗ってもいいかも。

th_IMG_0465_2



コイン型の乗車券は回収


到着後、改札を出るときには乗車券をタッチせず、改札機の中に入れることで返却(回収)する流れとなっていますよ!(ICカードはもちろんタッチして出られます)

th_IMG_0480



MRTに乗ってみた感想


新しいので車内はキレイ!シートはプラスチックみたいな硬めのヤツなので、座り心地は良くありません。。。

th_IMG_0466_2


台湾は基本的に電車内での飲食はNGですが、バスや新幹線は飲食OKみたい。

フリーのWi-Fiもありますけど、なかなかつながらずに泣きました。しかし、今回は世界中で移動中でも海外でネットが使えるグローバルWiFiを羽田空港で受け取ってから台湾に来たので、どこでもネットにつなげることができました。


桃園国際空港から台北へ行くにはバスとMRTはどっちが便利?


僕は以前に台湾に来たときには、桃園国際空港のバスターミナルから高速バスに乗って台北駅のバスターミナルへ行きました。空港内では入国審査を終えて比較的近い場所にバスターミナルとチケット販売窓口があって、アクセスはけっこう良い。シートもバスの方が快適ですね。「國光客運」というバス会社のバスなら座席にUSBもあってオススメ。運賃は片道125元(NTD)。しかし、所要時間が約1時間かかるので、ちょっと辛いかも。

一方、バスが苦手な人もいるでしょう。バスだと酔ってしまう人や時間的に少しでも無難なMRTがいいと思います。バスだとチケットを買うためにわざわざ窓口に並ばないといけないので微妙でした。僕はおそらく次回もMRTを利用すると思います。

ちなみに、台北駅に着いてから台北のバスターミナルへ行くには地下街を通ると便利。バスターミナルの場所はこの指を差しているところです(紫の部分がMRTの台北駅)。

th_IMG_0482



iliを使って台湾を中国語で快適に楽しむ!


今回、日本語→中国語に翻訳できる話題の翻訳機「ili(イリー)」を使い、現地レポートを行うため台湾を訪れました。MRTの利用時にはiliを使わなくても困ることはありませんでしたが、他のシーンではけっこう役立ちましたので追ってレポートしたいと思います!

-ili(イリー)を持って旅に出よう!- ili TRAVELER


その他の台湾レポートはこちらからどうぞ♪