photo-127

鳥取県で温泉も素晴らしい景色もおいしいフランス料理も全部楽しめるリゾートホテルが「大山レークホテル」です。

プレスツアーで鳥取県を訪れた際にこちらに宿泊させていただきまして、至福の時間を過ごすことができました!景色が本当に素敵なので、大山レークホテルに泊まるときには絶対にカメラを持参した方がいいですよ。

photo-133



素晴らしい景色がどこからでも楽しめるホテル


鳥取県大山町で神の山とされる「大山」の麓に位置するリゾートホテルで、展望風呂は目の前にある大野湖と山々の景色を見ながら楽しめる天然温泉(大山伽羅温泉・だいせんきゃらおんせん)です。僕が訪れた際にはちょうど紅葉シーズンで、窓の外にはオレンジ色に染まった美しい紅葉を眺めることができました!

photo-132


大山レークホテルという名前だけあって、湖の前が広大な庭になっていて散歩にもピッタリ。

photo-136


取材陣もついつい写真を撮るのが楽しくて時間を忘れてしまいます。

photo-88photo-116


湖の周りはちょっとした散歩コースになっていて、のんびり歩いても1時間はかかりません。

photo-95


大野湖の反対側から大山レークホテルを。ほんと、こんな素敵な場所よく見つけたなぁ!ホテルのオーナーさん、すごい。

photo-101


ホテル内では無料で飲めるコーヒーマシンがあって、皆でそこでコーヒーを飲みながらしばらくのんびりしていました。いくら無料だからって、飲み過ぎは注意ね!廊下からの眺めもキレイ。

photo-58



部屋からの眺めも最高!豪華なお部屋をチェック


お部屋の種類も豊富で、そのなかでも豪華な2部屋をご紹介しましょう。まず、レーク&マウンテンビューの「ラグジュアリールーム」がこちら。

photo-55


窓から外を見れば、この美しい景色に声を上げずにはいられない。すげぇ〜!!

photo-56


大きなベッドとゴージャスなお風呂もあって、訪れた人を優雅な気分にさせてくれます。

photo-54photo-57


続いて、二間つづきの「プラチナスイート」を見学。

photo-67


やはり、外の景色が十分に楽しめるよう大きな窓が気持ちいい!ホテルというか、まるで大きな邸宅に泊まっているかのような豪華な造りです。

photo-66


一度はこんなところで1週間くらい過ごしてみたいよねぇ〜。どうにかならないかなぁ。ならない(笑)

photo-65photo-62


実はこの大山レークホテル、全室にマッサージチェアを完備しているのも特長のひとつ。なぜかというと、マッサージチェアでトップ企業のファミリーイナダが運営しているホテルだからなんです!一番安い部屋にもあるのだから、おトクに贅沢できちゃいます。

photo-61


プラチナスイートやラグジュアリーだけでなく、すべての部屋が大野湖畔を一望できるマウンテンビューですから、どこの部屋に泊まってもこの景色を堪能できるって嬉しい!



絶景とともに楽しむ天然温泉・大山伽羅温泉


宿がいいうえ天然温泉まで入れるのですから、ついつい上機嫌になっちゃいますね!ぜひ、大山レークホテルには親しい人とどうぞ。

photo-75


女湯と男湯は日替わりになっていて、連泊するとそれぞれで入浴可能に。

photo-79


とても清潔感のあるお風呂で、ここに1泊しかしないなんてもったいない!と思っちゃいました(笑)もっと宿泊したかったなぁ〜と。

photo-70


アメニティは超充実してて、バッチリ。クレンジングや化粧水、乳液もあります。

photo-73photo-74


実はこの温泉、2016年10月に発生した鳥取地震の影響で温泉を汲み上げるポンプが故障してしまったのですが、12月にはすでに復活しております。それまで通りの大山伽羅温泉を楽しめますのでご安心くださいね。そのほか、地震の影響はまったく見られませんでした。むしろ、素敵なところばかりで1泊だけじゃなくもっと滞在したかったくらい。



しっかり地元の素材を使ったフランス料理


ディナーはセルフィーユのコースから。まさか、こんなに豪華なフランス料理をいただけるとは思っていなかったのでビックリ!地元の素材を活かしたフレンチです。

まずはトリュフ入りリゾットをコロッケにしたものと真鯛のカルパッチョです。カタカナいっぱいの難しい名前の料理だったので、短縮短縮。真鯛のカルパッチョ、大好き!
photo-148photo-151


香りがいいキノコのスープと、おいしくておかわりしてしまった焼き立てパン。
photo-154photo-155


お肉の前にまずやってきたのはお魚料理。鳥取県・境港で水揚げされたサワラのポワレ。これ、すごく肉厚な身なんだけど、あっさりしてていくらでも食べられる感じでした!
photo-156


そして、お肉は牛フィレ肉のグリル。料理の出てくるペースが早いため、おしゃべりしていると次の料理が来ちゃってそれが冷めちゃうんだけど、それでも美味しく食べられたのがこのグリルでした。柔らかくて、幸せのひととき♪肉ってどうしてこんなにも美味いのだろうか。
photo-157


ワインを飲みながら席がお隣だった日本旅のペンクラブの記者でいらっしゃる赤澤さんと地域おこしとかブログの話をずっとしてて、あやうく取材であることを忘れるところだったけど、充実したディナータイムを過ごせました。豪華なフレンチをたっぷり満喫し、大満足です!

photo-98


今回、大山レークホテルを訪れたのはバッチリ紅葉のシーズンだったため、目の前に広がる赤や黄色の山に感動しました。きっと、ここでは秋だけでなく四季折々の素敵な姿を見せてくれることでしょう。温泉も料理も最高ですし、広々としたお部屋でのんびりとリゾート気分を楽しめる場所です。


大山レークホテル 概要
■総部屋数:31室
■Wi-Fi:あり
■電話番号:0859-52-3333
■アクセス:子自動車道・米子ICより大山観光道路(県道24号線)を大山寺方面へ車で約20分
■住所:鳥取県西伯郡大山町鈑戸大野湖畔1521−154


こちらもどうぞ♪