photo-8

2018年7月20日は土用の丑の日ということで、みなさん鰻を食べて過ごしたことでしょう。

そんな日に、僕は鰻の代替商品「うなる美味しさ うな次郎」をスーパーで購入。夕飯に“うな丼”を作って食べました!

電子レンジで1分加熱すれば、ほかほか!

photo-5


これを熱々の白飯に乗せれば、出来上がり!

photo-7


食感はまさに鰻。ふわふわ、ほろほろ、って具合にイイ感じ!完成度は高い。

photo-10


タレは通常の鰻の蒲焼きと同じ味になっているし、鰻丼そのもの!

皮に相当する部分もかなり似せてきた!

photo-9


良いじゃないの!おいしいよ!


うな次郎は一正蒲鉾(いちまさかまぼこ)株式会社が製造している商品で、さすがかまぼこ業者です。すごいよね。魚のすり身を使って鰻そっくりの商品を作っちゃったんだから。価格は1パック2枚入りで300円ちょっと。

photo-2


カロリーは1枚あたり167kcal。2枚だから334kcalです。炭水化物は2枚でもたった11.8gしかありません。ヘルシー!

photo-3



ゆるキャラのうな次郎くんなんているんだね(笑)

unajiro


っていうか、うな次郎くん特設サイトまである!

「うな次郎のダンス動画」。。。振り付けは、ドリフターズのひげダンスと同じ人だそうですが、この記事を書いてる時点の視聴回数がまだ374回ってのはかわいそう。みんな見てあげて!


2018年のゆるキャラグランプリに出場するらしいけど、まさかこのひげダンス踊るのかな。。。

え?「いちまさ うな次郎フェス」って何だよwww

おいおい、テレビCMはNGT48がやってるのか!



1年で最も鰻の消費量の多いこの日にあわせて、各社はここ一番に力を入れています。そもそも鰻業界は国産鰻の価格が高騰していたり、稚魚の密漁が問題になってたりして、かなり大変そう。

牛丼店やコンビニまでもが鰻を販売し、結果的に需要に対して供給過剰となってたくさん廃棄しているという社会問題に。ニュースを見ていれば知っているでしょう。本業でおいしい鰻を提供してきた鰻屋にとってはいい迷惑ですよね。

おせち料理は正月にしか売っていないけど、鰻の蒲焼きとか鰻重は一年中売っています。だから、土用の丑の日だからって鰻を食べる必要はないかなと最近思っていて、たぶんこの数年は土用の丑の日に鰻を食べてない。

そんなご時世に「うな次郎」みたいに鰻の代替商品が出てきたのはすごく面白い!なんか、日本人ってすげぇ〜なと思ったよ。だんだん鰻の絶滅に危機感を感じてきた人や企業が増えてきて、気づいたら鰻の代わりになるものを作ってたんだから!豚バラの蒲焼とかさんまの蒲焼きを鰻重にようにして食べる動きもあるらしいです(笑)

この「うな次郎」、スーパーのかまぼこコーナーにありました。もし気になったら探してみてね。

photo-1


一正蒲鉾 うなる美味しさ うな次郎
by カエレバ