ぎゃぁぁぁぁ!!!と、30年近くゲームで遊んできた僕でさえゲームでこんなにも悲鳴を上げたことはありませんよ。。。

いったい何のことかというと、お台場・ダイバーシティ東京プラザに2016年4月15日オープンした「VR ZONE Project i Can.(以下、VRゾーン)」で体験できる“脱出病棟オメガ”というゲームですよ!

VRゾーンは今一番注目されているVR(ヴァーチャルリアリティ・仮想現実)を体験できる屋内型テーマパークで、バンダイナムコエンタテインメントが運営しています。



VRゾーンで遊べるアトラクションの数は6つ!あたかも本物の雪山で滑っているかのようなリアルなスキー体験や山手線の運転、カーレーシング、ロボットの操縦や、高さをリアルに感じられるもの、恐怖体験まで、あらゆるジャンルのVRを体験可能。そのなかで“脱出病棟オメガ”は僕が一番ビビった最強の恐怖体験でした。。。


【VR ZONE Project i Can. 店舗概要】
開催期間:2016年4月15日〜10月中旬
営業時間:10時〜21時
住所:東京都江東区青海1-1-10 ダイバーシティ東京プラザ 3階
アクセス:ゆりかもめ 台場駅より徒歩5分、りんかい線 東京テレポート駅より徒歩3分




VRゾーンの予約方法と料金


4月15日にオープンしたばかりということもあって予約は必須!行きたい日の1ヶ月前から予約が可能できます。この記事を書いている4月25日の夕方時点で、5月23日まではすべて完売。24日は「△」で若干の空きがあるもよう!

th_2016-04-25_2030


僕はアリマックスさんに予約してもらいまして、東京散歩ぽさんとダイバーシティ東京プラザ前で待ち合わせし、3人揃ってからVRゾーンへ行きました。ガンダム広場の横にある階段からダイバーシティ東京プラザ前の3階に直接上がれます。

VRゾーンは90分制(遊べるのは実質80分)になっていて、その90分間は20人程度しかいないためほとんど並ぶことなくすぐにゲームを楽しめます。1ゲームのプレイ時間は5〜10分くらい。



プレイにはバンダイナムコの非接触型ICカードが必要で、入場の際に300円でカードを購入。また、各ゲームをプレイするためにこのカードにチャージした電子マネーを消費します。1ゲームの料金はそれぞれ700円〜1,000円程度。なので、3つくらいゲームを楽しむと3,000円くらいはかかる計算。けっこう高い(^_^;)

各ゲームの料金は以下のとおり。





細かい金額のチャージは面倒くさい!荷物はロッカーに預けよう


各ゲームにICカードの読み取り機があって、ここにICカードをかざして料金を支払います。ICカード内の電子マネーが不足していたら、会場内にあるチャージ機械でチャージ。



1,000円もしくは100円ずつチャージできます。最初からガツンと3,000円分くらいチャージしておけば面倒くさいことはないんだけど、いかんせんおつりは出ませんから使う分だけチャージしたいですよね。でも、100円の場合は100円ずつ1回1回チャージしなきゃいけないので時間がかかり、すごく面倒くさいと感じました。。。700円分をチャージしたかったら7回繰り返さなきゃいけない。これはイカんよ。改善してほしい!



大きな荷物は暗証番号付きのロッカーに無料で預けておけます。




リアルガチで臨場感と没入感!そして、怖くて楽しい!


各ゲームの場所と会場マップはこんな感じ。


VRは専用のゴーグルを装着し、ここで映像を見るので視界がすべてゲーム画面になります。そして、耳にはヘッドホン。操縦は専用のレバーやリモコン、ストックや操縦スティックなど、ゲームに応じたものが各ゲームで用意されています。視界も音も手に触れるものもガチリアルですから、リアル感がハンパない。



VRゴーグルは衛生面を気にする人のために、こんな使い捨てタイプのマスクがあります。この上からVRゴーグルを着ければOKなので衛生的。




脱出病棟オメガ


さて、冒頭にお伝えした“脱出病棟オメガ”ははっきり言って、気持ちが悪い系のホラーゲーム。グロテスク。そして、わっ!とビビらせられるシーンがあるので、心臓が弱い人はやっちゃダメ絶対。



でも、もともと「バイオハザード」が大好きな僕としては超楽しめたし、超おもしろかった!一つアドバイスをしておくと、これは2人以上でプレイした方が楽しいです!僕たちは3人でプレイしたんだけど、僕だけ2人と違う遊び方をするシーンがあって、そのときにヘッドセットに仕込まれたマイクで2人に指示を出して遊ぶ場面があるんだけど、ここで僕は失敗しちゃった。。。ぜひ、これはリベンジしたい!




終わったあとのアリマックスさん、恐怖に怯える!




SKI RODEO(スキーロデオ)


こちらはスキーを本当にしているかのような体験ができる“SKI RODEO(スキーロデオ)”。



風は吹くは、足元は本当に斜めに傾くわ、雪山でスキーをしたことがある人なら絶対に楽しめる!そして、すごく疲れます(笑)おもいっきり体を倒してカービングし、スピードに乗りすぎて何度も岩に激突して怖かった!でも、めっちゃ楽しい!いいぞコレ!




高所恐怖SHOW


アリマックスさんがプレイしたのは“高所恐怖SHOW”。ビルの上にある木の板を歩いて進むという、カイジ的なゲーム!ぐらぐら揺れて、落ちそうになるのが怖いらしい!先にいる猫を無事に救出して戻れ!!





トレインマイスター


東京散歩ぽさんがプレイしたのは山手線の運転手になりきれるゲームが“トレインマイスター”。こちらはややライト。電車でGO(あっちはタイトーだけど)のVR版って感じでしょうかね。





アーガイルシフト


最後に3人で一緒に“アーガイルシフト”をプレイ。これはロボットアニメに登場するロボットに乗って、襲い掛かってくる敵ロボットを撃退するゲーム。一緒に操縦室に乗ってくれる女の子キャラが可愛くて、露出度が高くて目のやり場に困った(笑)有名なスタッフが作ってるのね〜。これは続編もぜひプレイしたいぞ!






ヴァーチャルリアリティの世界をマジで楽しめる!


どのゲームも正直、最初はウッと一瞬酔うんだけど、「これはゲームだ!」と頭に言い聞かせたらすぐに慣れました(笑)あとは映像と音楽、そして体でゲームの世界にどっぷり浸かって楽しむ。VRゾーンはまさにそれができるテーマパークだと思いました!

ちなみに、このVRゾーンではお客さんに最新のVR技術を使ったゲームを体験してもらい、これによってVRの将来的な可能性を研究する目的もあるようです。

めっちゃ楽しかったし、2016年にはソニーもPS4でVRゲームを発売しますし、本当にVRは熱いなぁ〜と思いました!VRゾーンは予約して行った方がいいですよ♪毎日夜中の0時に予約開始!

関連:VR ZONE Project i Can.