th_IMG_4187

ゲーム・アプリ業界向けツール&ミドルウェア総合イベント「GTMF 2015 TOKYO」が2015年7月17日、秋葉原UDXにて開催となりました。

台風11号が近づくの中、天候は運良く小雨がぱらつく程度とあって、ゲーム開発者をはじめとする来場者はけっこう足を運んでいる様子。受付には長蛇の列ができていました。毎年開催とあってさすがに運営側のさばきもしっかりしており、特に混乱はみられません。ちなみに入場は無料。

写真 2015-07-17 9 54 17


GTMFはコンシューマ向けゲームやスマホ用ゲームなどを開発するために役立つツールやミドルウェアを提供している企業がゲーム開発者向けに製品や情報を提供するイベントです。

会場では企業による展示とセミナーがメイン。また、自分のスキルをアピールしたい企業・団体とそれらを探しているプロデューサー・ディレクターとのマッチング企画GTMF Meet-Upsも行われています。



セミナーはA〜Dまで4ヵ所ある会場で45分ごとのセッションを実施していまして、僕は10時より行われたソニー・コンピュータエンタテインメント(SCE)による「PlayStation向けの最新テクノロジーのご紹介」のセッションに参加しました。

th_IMG_4229


以下、SCEの豊禎治氏によるセッション内容をメモ程度ですがレポートします。プレステ向けゲーム開発者さんにとっての参考になれば幸いです。


「Project Morpheus」


th_IMG_4188

SCEのセッションは2016年リリース予定の「Project Morpheus(プロジェクトモーフィアス)」についてがメイン。モーフィアスはSCEが開発中のヘッドマウントディスプレイですね。

「モーフィアスは発表から1年以上が経過し、さまざまな改良を加えたので今日はその話ができるかと思います。」

と、会場をほぼ満席状態に埋め尽くした参加者に向けて期待の一言でスタートしました。

th_IMG_4175
SCEの豊禎治氏


モーフィアスのコンセプト


ゲームを楽しむにはこれまでテレビの枠がどうしても存在していた。究極のゲーム体験は自分がその世界にいるようにしなければいけない。そこでユーザーがゲームの中に入れるようにしたいと考えた。ゲームに入り混むことで、もっとビビットに、リアルに、自分自身のように感じられる究極のゲーム体験が可能になる。

th_IMG_4177


そのためには技術的に必要な要素がある。それがSENSE of PRESENCE(自分の存在感)で、必要な構成要素は以下の6つ。

th_IMG_4182


豊氏はモーフィアスがこの1年で改良を加えた新型の試作機を紹介。この6つのポイントがどのように進化したのか、詳しく解説してくださいました。

視覚(SIGHT)


・・・応答性能や黒のしまりなどの画質を考慮してパネルを有機ELに変更、5.0インチ液晶パネルから5.7インチ有機ELパネルへと大きなフルHDのパネルを採用することに。これによって視野角も向上した。


聴覚(SOUND)


・・・もともとの3Dサウンドからさらに改良した新開発の3Dオーディオ技術を採用。多数の仮想スピーカーと空間制度の向上を実現(特に高さの精度が向上した)。また、3D音響処理をSDKとして提供する。今GTMFのSCEブースでは3Dオーディオを体験できるデモも実施。

th_IMG_4185


トラッキング(TRACKING)


・・・頭を動かした時点でまったく同じ時点で映像も動くので、酔いにくい。今までの60fpsでは足りないので、倍の120fpsの低遅延を実現するためのいろいろなチャレンジをした。それはまず有機ELを採用したり、テスト用の実際の画を作るのも120で作るのは苦労した。LEDが付いていてこれでトラッキングを行っているが、このLEDをカメラでとらえることで正確なトラッキングを行っていて、LEDの数を従来の6つから9つに増やし、よりトラッキング性能を向上させた。

th_IMG_4186


ここで「リプロジェクション」という技術を披露。右を向こうとしているときに予測処理を行い、120分の1秒後にはこっちを向くだろうをというのを予測してモーフィアス側で追加描画。リプロジェクションによりゲームの基本である60fpsを120fpsに対応できるようにしてある。

th_IMG_4191


コントロール(CONTROL)


・・・モーフィアスのようなバーチャルリアリティを体験するにはモノを掴むなどアクションがある。ボタンを押して銃をリロードするが、PlayStation Moveでそれを動作として可能にしたい。

th_IMG_4192


使いやすさ(EASE OF USE)


・・・装着感が良くないと長時間使うのは苦痛。重さを支えるのに頭頂部で支える仕様にした。従来は2つのバンドがあったが、新モデルでは1つで装着感を向上。また、スコープ部分が大きめのメガネを使用していても装着できるようにした。さらには、バンドを伸ばせるようにした。

th_IMG_4193


コンテンツ(CONTENT)


・・・PS4で動くゲームをたくさん開発中。「PhyreEngine」での映像を公開。7月下旬にはver. 3.13をリリース予定。ミドルウェア対応の強化も予定。

th_IMG_4194



ツールとミドルウェアの紹介


ここでモーフィアスに対応したツールとミドルウェアについても触れてらっしゃったので紹介しておきますが、僕はあまりこの手の話には疎いのですみません(^_^;)
  • UE4のプロジェクトモーフィアス新型試作機にも対応。
  • Unityではモーフィアスのプラグインをすでにリリース。すぐに開発できる。Unity 5.2は今秋リリース予定。
  • Silicon Studioは全製品でプロジェクトモーフィアス対応への取り組みを進めている。

th_IMG_4201


3Dオーディオ


各社から対応ミドルウェアが登場する。
th_IMG_4210


Live2D


2Dなのにモーフィアス対応。360度全方位の実現。
th_IMG_4211

th_IMG_4216


OPTPiX SpriteStudio


オーバレイしているメニューを3D映像にかぶして表示しているデモ。
th_IMG_4219

th_IMG_4221



モーフィアスのスペック一覧


プロジェクトモーフィアス試作機の主な仕様はこちら。

th_IMG_4224


PS4でのVRコンテンツ開発について


ライセンスデベロッパはいつでも入手可能。試作機もある。

th_IMG_4225


モーフィアスの発売時期


気になるモーフィアスの発売は2016年上半期とのことです。

th_IMG_4226


GTMFのSCEブースではモーフィアスの3Dオーディオが体験できますので、ぜひSCEブースへ寄ってみてくださいね。


【追加】
関連:【GTMF会場速報】リリースほやほや「OPTPiX SpriteStudio Ver.5.5」で便利な関連ツール
関連:【GTMF会場速報】Live2D Cubism SDK for Unity の困ったを解決する実践レポート

関連:GTMF 2015 TOKYO